国際結婚による様々な悩み(文化の違い)、問題(うつ病、薬物依存症)、良かった事

国際結婚による様々な悩み(文化の違い)、問題(うつ病、薬物依存症)、良かった事

国際結婚して4年、アメリカにて日本では経験してこなかった様々な問題、悩みに直面しています。ブログで共有することで、皆さんへの情報提供と自分の気持ちの整理、励ましになればと思ってます。

OK Boomer

先日旦那の息子達が来ていた時のこと。

旦那が子供達に何か言った後長男が

"Ok Boomer"

で旦那、

”I'm not a boomer!"

まずBoomerって何?私が真っ先に思い付いたのはお笑いコンビのブーマー。ボキャ天世代なもので・・・。あとはブーイングする人か?とか。

 

調べてみるとBoomerとは、ベビーブーム世代の人のことらしいです。

わかりやすい記事をみつけました。

kiwi-english.net

若者が大人の小言を聞いた時に「はいはい、わかったわかった」みたいな感じで使うんですね。

確かに私もよく、

「自分が子供の頃は」とか「最近の子は」とか考えるな・・・。

Boomer世代じゃなくても30代以上の古い考え方の人には使うみたいで、でも旦那は世代にこだわっていました。

必死に俺はMillennialsだと主張しまくり。こういうとこがまた「OK Boomer」なんでしょうね。

 

しかし、時が経つのは早いですねーー。

初めて会った時、長男は10歳、次男は9歳。ほんと可愛かったです。スカイプでは何回か見ていたものの、初めて会った時次男は走って私のところに駆け寄り抱き着いてきました。ほんとにかわいかったです。そんな二人ももう14歳と13歳。私より背が高くなっちゃいました。

長男は旦那によく似ています。そして少し難しい子かも。そこも旦那に似てるか。間違った道に進まなければいいんですが。

次男はおっちょこちょい。素直で嘘がつけないタイプなんですが、よく行動が裏目に出て怒られる、失敗するタイプ。でも人懐こくって誰からも好かれるタイプです。

2人ともどんな大人に成長するのかなーー。

私の日本の甥っ子、姪っ子とも全然違うし、日本、アメリカ両方の子供達を見てるとなんかおもしろいです。

ハーフマラソン参加

12月15日にハーフマラソンに参加しました。

 

。゚( ゚இдஇ゚)゚。ほんっっっっとにきつかった!!!

10日前に風邪をひき、最後の週は練習はおろか、運動さえできませんでした。

それでも風邪も落ち着き走ると決意!

ほんとに死ぬ気で走るような状態となりました。

でも大会ということもあり、アドレナリンも分泌され、勢いで完走。

 

まず、この大会はチャリティーの面もあるので、結構参加費用高い。8月に参加を決意し申し込み。参加費用は$129。もう支払済みなので不参加の選択肢は私にはなかったです。ちなみに直前申し込みだともっと高くなります。

南米旅行後少しだらけてしまい、練習再開したのが大会3週間前切ってから。それでも順調に行ってて、最後15キロ走った後に風邪を引く・・・・。その後一度3キロ走った後にまた風邪が悪化。結局全然練習できず、ただ風邪の症状は落着いた状態での参加となりました。

 

天気はスタート時曇り(霧)で気温はもちろん寒いですがそこまで低くなくいい状態。

音楽もかかり、いろんな演出もあり、たくさん人もいて盛り上がり、沿道の応援もたくさんありました。そんな中気分よくスタート。

5キロ付近でやや腹痛(横腹ではなく下し気味の)を感じましたが、ほどなくおさまり、10キロまではいい感じでした。

(((;꒪ꈊ꒪;))):ここからが地獄の始まり・・・。

右足の膝裏に違和感を感じ始め痛みに変わっていきます。10キロ~15キロ付近が本当に最悪でした。足は痛くて一度攣りそうになるし、お腹は痛いし、その間リタイアのことばかり考えてましたが、携帯を持っておらず(結果良かったんですが)旦那にも連絡できないし、帰り方もわからないし、お腹痛くなるから最悪民家かお店にお願いしないといけないかもとか考え、もうずっとなんで10キロ申し込まなかったんだろうと考えていました。

15キロを過ぎたあたりからランナーズハイになったのか足の痛みが少し落ち着き、腹痛も和らぎどうにか落ち着いて走れる状態に。ただぜんぜん楽しくはなかったです。もう早く完走したい、終わりたいという一心でした。

13マイルの表示を通りあと少しだーーーと思ってからが意外と長かった。フィニッシュラインがなかなか見えてこず、あと少しの状態がずっと続き、ようやく戻ってきた!沿道に旦那を見つけるも苦しすぎて笑う事さえできず、やっとの思いでゴール!!!

もうラストスパートする力さえなく、走り切るのでやっとの状態でした。

ただ意外にも、タイムは自己目標タイム2時間10分を切り2時間6分。頑張った!

ゴール後はいろんなものもらえます。

メダル、Tシャツ、水、ゲータレード、プロテインバー、アップルソース、ミルク、バナナ、冷え防止の体を包む反射シート、バッグ、メキシカンフード、ビール、カクテル等。

多分協賛企業から無料配布され、私達の参加費用のほとんどは寄付に使われるのだと思います。

Tシャツは前日にゼッケン(英語だとbib)を取りに行った時にももらったのでそれを着て走りました。完走後はFinisherTシャツをもらいました。

沿道の応援もおもしろかったです。

段ボールにいろいろ書いてもってたりとか

Are you running for free bananas?

If you are reading this, you are not running fast enough.

Touch here for the power!

給水地点にも水、ゲータレード、ドーナツ、ビールとかありました。残念ながら私は腹痛のため一度ゲータレードを少し飲んだのみ。

ダウンタウンでの大会だけあって、バーやレストランの人が沿道で生演奏で応援してたり、リッチな家の子どもがマイクで応援してたり、もっと楽しめる余裕があればよかったんですが、笑顔すら作れず・・・。

あ、和太鼓もありました。でも叩いてたのは日本人ではなかったような・・・。

ランナーの服装もおもしろかったです。クリスマス近いからアグリーセーター柄のスーツとか、めっちゃアメリカ国旗みたいなのとか、上半身裸とか・・・。

レース後旦那と合流すると、旦那も大会の雰囲気で盛り上がったみたいで、

「頑張ったねー!!ほんとモカのこと尊敬するよ。来年は俺も絶対ハーフ走るから!」

と言ってました。これが一番うれしかったかも

その後私はここ何十年も味わったことないくらいの筋肉痛と腹痛で屍のようになりました。

ヾ(´༎ຶ╻༎ຶ)ノ゙もう当分走りたくない・・・。

日が変わってこの記事を書いている今もひどい筋肉痛です。歩くとロボット、いや最近ではロボットの方がまだスムーズに歩けるか・・・。

とにかく練習の大切さを身に染みて感じたマラソンでした。

来年は万全の体制でのぞみたいです。

 

腹痛なんですが、以前10キロマラソンを走ったあとにもなったのでネットで調べてみると、長距離ランナーに結構よくあることみたいです。

原因はお腹の冷え、運動による蠕動運動の活発化、老廃物を出そうとするため等。

対策としてはお腹を冷やさない、お腹の筋肉を付ける、食事内容に注意、マラソン前にはできる限りトイレで出しておく、整腸剤を飲んでおく等がいいみたいですね。

あとは慣れもあるので、長距離走に慣れてくると、自然と頻度も下がるみたいです。

 

自分のレース結果をネットでみていると、過去に遡っても検索できたので旦那がハーフマラソン走った時のを検索。2時間切ってた!あの頃今より30キロ近く痩せてたと思います。でも旦那も結構やる気になってて来年はこの記録よりいい記録だすと言ってるので私も嬉しいです。

 

このマラソンはBMWがスポンサーになってて、BMWの車が多数展示してあったんですが、その中の一台には、マラソン参加者全員の名前がプリントしてありました。

f:id:internationalmarriage:20191217060602j:plain

私の名前もありましたよー!

f:id:internationalmarriage:20191217060612j:plain

記念メダルとFnisher T-shirt

 

コロラドの話

旦那の姪っ子が彼氏とコロラド州に住んでいます。

Thanksgivingに帰ってきてました。

コロラドは自然豊かで公園もたくさんあって、登山やハイキングが楽しめます。

旦那の妹さんはコロラドのColorado Wolf and Wildlife Centerで狼と写真撮ってました。

YouTubeでみつけたワイルドライフセンターのビデオ


Weekly Wolf 58

かわいいけど大きい。なんか映画「The Twilight Saga」思い出す。私はジェイコブ派でした。

 

コロラドは山多いし冬は雪降ります。寒いです。

姪っ子含め旦那家族とレストランで待ち合わせた時、私は寒かったので普通に冬服。姪っ子さん見ると、なんとノースリーブ!!!

「寒くないの?」と聞くと「コロラド住んでるとテキサスは暖かく感じるよ。」

寒いの苦手な私は慣れそうにはないですが・・・。

 

余談。

ふと「登山とハイキング何が違うんだろ?」

調べてみました。

chigai-allguide.comなるほどーー。今まで、登山とトレッキングは結構ガチなやつでハイキングは楽なやつ、くらいに思ってました。

 

うちからだとコロラドスプリングスまで車で10時間くらい。南米とか海外行くよりかなりお手軽なのに、まだ一度も行ったことありません。

旦那に「来年はコロラド一緒に行こうよ」と言うと、旦那も結構乗り気。

ただ旦那「コロラド行くんなら合法だからマリファナやるよ。あとマジックマッシュルーム。」

( ̄ェ ̄;) エッ? そんなん心配すぎる。

私「ちょっと時期早尚じゃない?まだそういうたぐいはやめといたほうがいいよ。」

多分来年はグランドキャニオンかディズニーランドかな。

 

以前依存症専門のカウンセラーと話した時、やはり「Relapse(再発)の引き金になりそうなことは控えること」と言われました。

なので現在断酒もしています。

NAは薬物依存症者のミーティングですが、ミーティングやグループでの集まりでは飲酒は禁止だし、断酒している人がほとんどです。

旦那はマリファナもマジックマッシュルームもメス(覚醒剤)とは全然違うから大丈夫とは言いますが、何があるかわからないし可能性はゼロではないし、私の中でいくらコロラドでは合法でも、小さいころから教えられてきた「違法、危険、中毒」のイメージを頭から消し去ることはできません。

ただ、マリファナもマジックマッシュルームも最近の研究で、その成分を依存症やうつ病などの精神疾患の治療に役立てることができるとされています。

なんか今までの知識が一気に覆される感じでなかなかはいそうですかと受け入れるのは難しいですが。

まあ、物(内容)によるんでしょうね。

大麻もCBDの成分はまったく麻薬成分はなく、リラックスするのに効果的といろんな商品がでてるし、合法。でも麻薬成分のTHCは私達の知ってるマリファナで、非合法。

ペルー行った時も、高山病対策にコカティーやコカキャンディ、コカの葉をそのままとかありましたが、もちろんコカインのような症状はでません。でもこれらをアメリカに持ち込むと逮捕されます。なぜならその商品から成分を抽出してコカインを作ることも可能ではあるらしいから。

 

マジックマッシュルームについてはあたしは幻覚作用のあるキノコ、くらいしかしりませんが、ほんとに幻覚見るらしいです。特に旦那はアファンタジア(頭の中でイメージを視覚化できない)なので若い頃やったことがあるのでまたやりたいらしい。

アファンタジアの記事

internationalmarriage.hatenadiary.com

 

マジックマッシュルームは今年、コロラド州デンバーではじめて非犯罪化になったらしいです。とは言えまだグレーゾーンみたいで、厳密にいえば違法。ただ、21歳以上の使用、所持が逮捕理由にはならないと。

もし旦那が依存症ではなく、コロラドに行ったら特に何も思いませんでしたが、やはり依存症の事を考えるとほんとにあの地獄に戻りたくないし、考えただけでも恐怖が蘇るので、今は旦那にはやってほしくないです。

 

今断薬60日以上ですが、ほんとに旦那落ち着いています。穏やか。ほんとに結婚一年目ぐらいの関係に戻れてると思います。毎日一緒にいると楽しいし、心配になるようなところもありません(夜眠れる、体が痙攣しない、変な寝言言わない、寝起きがいい、イライラしてない、八つ当たりしてこない、運動もしている)。旦那も「今回は以前の断薬期間とは感じが違ってほんとに薬やりたいと思わない」と言ってます。どこまで本当なのかはわかりませんが、本人の様子を見てると上記のように、私も今回は違うなと感じます。

やはり気持ちが落ち着いている(仕事もプライベートも順調)ことが大きいのだと思います。もちろん病気なので、ふとした拍子に憑りつかれたように薬の事しか考えられないような時が来るのかもしれませんが、本人も薬をやればその後どうなるのかわかってると思うし、現時点ではクリスマスももうすぐ。こんな時期に子供に会えなくなる、私と離れて暮らす、家族を悲しませる、と言う事がどれほどつらいか考えると思います。そうならないように少しでも不安がある時は、私、家族、NAメンバー、スポンサーと話すと確認しました。

 

ほんとにほんとにあの以前の状況に戻りたくない。

この状況がずっと続きますように!!!!!

 

近況報告

まずはこちら

internationalmarriage.hatenadiary.com

 上記記事にて

  • 8月より別居中
  • 11月に南米旅行
  • 12月にハーフマラソン
  • 3月に日本旅行

など現状、予定などに触れていました。

 

別居について

アメリカでは11月28日がThanksgivingの祝日でした。それを機に別居解消。現在元の生活に戻ってます。

旦那はこの上なく落ち着いてます。現在断薬も60日以上。

ちょっと(ゲーム)オタクになりつつあるのが心配ですが・・・。

 

ゲームについては以前記事にしたことがあります。

internationalmarriage.hatenadiary.com

例に漏れず、Thanksgiving Weekもゲーム三昧。

特に家族とゲームするのが本当に楽しみだったようです。

現在旦那がはまっているのがVR。

ちなみに旦那が持っているのがValve Index VR。

いいお値段しますが別居中に購入していました。

 

毎日「Beat Saver」で汗を流しています。

www.youtube.com

あとは「Acron」というゲーム。これ結構面白い。

store.steampowered.com

VR以外にもボードゲームやカードゲームなどもしました。

私にとってはほんとに英語チャレンジの時間と化します。

楽しさ半分緊張半分な感じ。今でもみんな笑ってるけど何が面白いのかわからないことはよくありますから・・・ははは(T▽T)

 

旦那の子供達も週末来ました。上記のゲームや任天堂Switchで一緒に遊んでいい時間過ごせたねーーーとなるところが、最後に前妻からの電話で、2人とも学校の成績で "F"Gradeを取ったとわかり、旦那も少し説教ぎみ。

聞けばアメリカでは良い順から、A,B,C,D,F(Eはないらしい)と成績がつけられるそう。最終成績がFになると留年になるらしい。今はまだ中間だから挽回の余地あり。

 

と話がそれましたが、Thanksgiving Weekは旦那もいい時間を過ごせて満足だったようです。

 

ちなみに、別居中にいろんなもの買ってました。

以前デスクトップは購入済み

internationalmarriage.hatenadiary.com

 新たにLaptop(デスクトップ)、モニター、ゲーミングチェアー、周辺機器などなど・・・。結構クレジットカード使ってるみたいです。ボーナスで返せるから大丈夫とは言ってますが・・・。

別居中だったし、済んだことなのでもう何もいいません。

薬に使われるよりはるかに健全だし。

そして旦那が言うにはあらかた買いそろえたので、来年は節約するとのこと。

来年は一緒に旅行に行きたいなぁ・・・。

この穏やかな時間が続くことを祈ってます。

 

南米旅行について

これはほんとに行ってよかった!またどこか行きたいな。

南米旅行記事

internationalmarriage.hatenadiary.com

 

internationalmarriage.hatenadiary.com

 

internationalmarriage.hatenadiary.com

 

internationalmarriage.hatenadiary.com

 

internationalmarriage.hatenadiary.com

 

internationalmarriage.hatenadiary.com

 

internationalmarriage.hatenadiary.com

 

internationalmarriage.hatenadiary.com

 

internationalmarriage.hatenadiary.com

 

 ハーフマラソンについて

2週間きりました!!!!

旅行から帰って2週間くらいだらけてしまったんですが、どうにか復活して練習始めてます。実はまだ一度もハーフマラソン走ってないんですが、どうにか今週末に一度走って、来週は軽めの練習にとどめようと思います。昨日初めて15キロジムで走りました。めっちゃ疲れた。目標タイムは2時間10分。うーん、どうかな・・・。

 

日本旅行について

もしかしたら一週間くらい旦那も来るかも。そしたら北海道か沖縄でも行ってみようかな。もし旦那来ないなら、友達もしくは1人で台湾行こうかな。

もう少し時間あるのでまだあまり考えてないんですが、それでも今行きたいなと思ってるのが、

 

テルマー湯

温泉、スーパー銭湯大好きなので1人ゆっくりしたい。

thermae-yu.jp

 

京橋松輪

以前テレビで観てアジフライめっちゃ食べたい。

travel-star.jp

 

青いレンガ

ベビーカステラの専門店があるなんて!

www.aoirenga.com

 

チームラボ

豊洲かお台場か行ってみたい。

planets.teamlab.art

(*´∀`*) 他にもお勧めあったら教えてください。

 

 

 

南米(ペルー、ボリビア)旅行 レインボーマウンテン編

ついに最終日!

この日はなんと深夜1:00起床

2:15にホステルに迎えが来ます。

チェックアウトもしなくてはいけません。

寝過ごすこともなくここまではいいんですが、最終日にきて前日夜から雨に。夜通し降ってました。

時間通りに迎えが来て出発。小雨にはなりましたがまだ降ってる・・・・。

登山大丈夫だろうか、そしてレインボーは見れるのだろうか・・・。

 

ここでツアーについて紹介しておきます。

準備編でも書いたんですが、このツアーは出発前に予約しました。

internationalmarriage.hatenadiary.com

 飛行機との兼ね合いで、確実に余裕をもって帰れるツアーということで決定。

実際には前日のウマンタイ湖ツアーも割と早めに帰ってこれたので問題なかったんですが、こればっかりは、グループの人数や年齢、混み具合にもよるので判断は難しいです。そして他にも違いがあるのでここで比較していきたいと思います。

 

ウマンタイ湖ツアーに使ったのが Winay Peru Adventures

http://www.wiñayperuadventure.com/

ホームページはスペイン語ですが、写真きれいなのでのぞいてみてください。

価格:60ソレス≒$21 別途入山料10ソレス必要

内容:送迎、水、杖、朝食、昼食、毛布(バス)、ガイド

人数:私のツアーは11名 時期によってはもっと多い

時間:4:30~18:00

現地ツアー会社多数ありますが、基本内容は一緒

最安の会社で多分55ソレス(入山料別)

他ブログによると混雑時はピックアップに時間が取られる模様

クスコに戻る時間も時と場合により変動あり

帰りはアルマス広場にて解散

 

そしてレインボーツアーに使ったのがFlashpackerConnect

https://www.flashpackerconnect.com/

ホームページは英語です。

価格$157.50 入山料込 Paypalにて前払

内容:送迎、水、朝食、昼食(専属シェフ)、スナック、ガイド

人数:少数(最小2、最大8)

時間:2:15~16:00

完全少人数制、深夜出発の為一番に登頂できる(最大のお勧め要因)

適宜脈拍や血中酸素濃度を確認してくれる

帰りもホテル、または希望場所まで車で送り届けてくれる

専属シェフがいて自分達だけのために料理を作ってくれる

希望があればできる限り聞いてもらえる

オリジナルTシャツをもらえる

現地価格と比較すると、とにかく高い!!

 

価格重視の方は現地ツアー! プライベート感重視の方はFlashpackerConnect!

今回はオフシーズンの為、実際現地ツアーでもよかったかも?と思いましたが、ピークシーズンは私はFlashpackerConnect 一択です!オフシーズンでも山頂には結構人がいて、ツアーバスも結構みました。私達は激混み前に下山したのでよかったですが、得に雪山の場合人をよけながらはかなりつらいし急斜面もあるので怖いです。しかも今回私とドイツ人の女の子の2人のみだったので、かなりプライベート感満載でした。

 

では実際のツアーに戻ります。

迎えは早いですが、毛布とクッション(枕)を用意してもらえ、シートもがっつり倒せます。登山場所までは再度睡眠・・ですが、道中かなりのがたがたくねくね道が続くので酔いやすい人は寝るどころじゃないかも。

クスコ市内の雨も、山の上では雪・・・。

f:id:internationalmarriage:20191123094418j:plain

 

車内で朝食を取り、少し休憩。

雪はやみ、太陽もでそうでした。ガイドさん曰く、「現在山頂は完全に雪で覆われていると思うけど、太陽が出れば雪が解けてレインボー見れる可能性もある」と。

なので気を取り直し、祈る気持ちで登山スタートです。

ウマンタイ湖と同様、ここでも途中まで馬に乗れます。

ドイツの女の子は乗馬。私は歩きます!

 

f:id:internationalmarriage:20191123095715j:plain
f:id:internationalmarriage:20191123095803j:plain

 

f:id:internationalmarriage:20191123095728j:plain

ちょっと晴れてきた?

 

f:id:internationalmarriage:20191123095751j:plain
f:id:internationalmarriage:20191123095815j:plain
f:id:internationalmarriage:20191123095843j:plain
太陽が出てきました!!!

 

f:id:internationalmarriage:20191123095740j:plain

わんこも合流
f:id:internationalmarriage:20191123095911j:plain
f:id:internationalmarriage:20191123095856j:plain
雪とじゃれてた!寒くないのかな??

f:id:internationalmarriage:20191123095828j:plain

ここで注目してほしいのがわんこ、じゃなく私の足

靴用のウォータープルーフシリコンカバー!

最終日まで使うことなく、実はこの旅行の為に買ったんですが、いらなかったかなーと思いきや!ここに来て大活躍です!!ほんと買ってよかった!この一度のためだけでも価値ありです!というのもこの登山結構雪深かったのと、太陽の光で雪が解けて雪、水、泥といろんな状態あり。でもこのカバーのおかげで靴は汚れることも、濡れることもありませんでした。一応靴も速乾のやつなんですけどね。ミニマリスト旅行のため靴もこの一足のみでしたので。

しかし、雪山登山、きつかったです。なんか足に重りつけて登ってるかんじでした。でもがんばりましたよーーー!日頃からジム行っててよかった!途中脈拍と血中酸素濃度測ってもらいましたが、申し分なし!ガイドさんのお墨付きです。

f:id:internationalmarriage:20191123100753j:plain

それにしても雪山はきれいです

そしてついに山頂へ・・・。

はたしてレインボー見れるのか??

 

・・・・

 

 

・・・

 

 

・・

 

 

!!

 

f:id:internationalmarriage:20191123100803j:plain

( ;∀;) ただの雪山!!!

あーーーーーー。

ただの白。

ここでガイドさん

「太陽出てるから1時間くらい待ったら少し見れると思う。」

しゃーない、待ちましょーー。

一番に登頂も待ってる間に続々人来ます。

神々しい山々やアルパカちゃんたちを見て待ちます。

f:id:internationalmarriage:20191123103242j:plain
f:id:internationalmarriage:20191123103254j:plain
f:id:internationalmarriage:20191123103306j:plain

 

お!

f:id:internationalmarriage:20191123103317j:plain

うっすら見えてきました!

 

さらに待ちます。

 

f:id:internationalmarriage:20191123103902j:plain
f:id:internationalmarriage:20191123103913j:plain
f:id:internationalmarriage:20191123103924j:plain
みんなで待つ!

 

おお!

f:id:internationalmarriage:20191123103937j:plain

 

もう少し待ってみる・・・

f:id:internationalmarriage:20191123105759j:plain
f:id:internationalmarriage:20191123105822j:plain

標高5000m超のキオスクとひなたぼっこわんこ

ドイツの女の子ビール飲んでましたww

 

そして最終的に

f:id:internationalmarriage:20191123105810j:plain

 

f:id:internationalmarriage:20191123105833j:plain

んーー、もう少し待ったらさらにレインボー感増したと思うんですが、残念ながら下山時間になってしまいました。

 

下山中も続々と人がやってきます。

f:id:internationalmarriage:20191123110325j:plain

なんかありさんみたいですね。

雪も大分解けてる。やっぱ太陽近いから雪解けるのも早いんですかね。

 

もう少し残りたかったなーと思ったんですが、下山中曇ってきて、また雨降り始めました。なので早い下山で正解でした。

 

この後は車でランチ会場まで行き、そこでは専属シェフが私達の為にペルー料理を用意してくれていました。おいしかったです。写真撮るの忘れた・・・。

その後は一路クスコへ。もちろん爆睡。がたがたくねくね道も疲労には勝てません。

 

当初クスコの空港で降ろしてもらうようお願いしてたんですが、雪の為予定を前倒しにしたのか、予想以上に早くクスコに戻ったので、ホステルで降ろしてもらいました。チェックアウトはしたものの、共有スペースに滞在させてくれたので、そこで少しネットでいろいろ調べ、そうこうしてると天気雨。やんだ頃をみはからってアルマス広場付近へ。メルカド近くにスーパーマーケットがあるので少し買い物。もちろん英語は通じず。

その後空港までバスで移動。

ツアーのガイドさんにおおよそのバス乗り場の位置を聞いていたけど、いまいちわからず、通りすがりの人にカタコトでたずねる。

「ブス アエロプエルト?」

失礼極まりない感じですが、「すみません」がわからず「Excuse me」と呼び止め、バスはブス(女性にたずねたので気が引けました)、空港はアエロプエルトで通じた!「向かい側にあるよ」的な感じが言葉ではなく手ぶりで分かったので「グラシアス!」と言い向かう。幸運にも丁度来たバスの車掌担当みたいな人が「ナントカ カントカ アエロプエルト」と叫んで乗客を呼び込んでいたので「アエロプエルト!」と言い乗込みました。

ふーーーーっ。

次は降りるタイミング。

バスは結構満員。とにかく車掌さん近くを離れず、google mapで確認しつつ、空港が近くなったのを確認して、車掌さんに「バハ(降りる) アエロプエルト」と再度伝える。車掌さんも忙しくて停車時バス降りて後ろ行ったりちょっとドキドキしたけど、ある時「なんとかかんとかバハ なんとかアエロプエルト」と「ここで降りて歩いて」みたいな感じで言われ無事空港付近に到着。運賃も1ソルだしておつりがきた。

 

帰りの飛行機もすべて問題なく飛び、無事に帰国しましたーーー。

久々の一人旅、幸運にも問題なく終了!

ほんとに充実した旅でした。

空港まで旦那が迎えに来てくれました。

元気そう。

帰りPopeyesでランチ。ポパイズ英語だと「パパイズ」と発音。日本でもニュースに出てた「チキンサンドをめぐり殺人事件まで起きている」というあのお店です。

ここのチキンは確かにおいしいんですよー。で、話題につられてチキンサンド食べに行ってみました。確かに来る人ほぼチキンサンド頼んでます。

感想は、確かにおいしい。でもチキンだけでもいいな。

旦那はまた食べたいと言ってましたが、私は今度行ったらチキンだけ頼みます。

でもチキンサンドのために殺人事件起きる???

まあ、「チキンサンド」というよりは長蛇の列に並ぶ、割り込み、完売で買えないみたいなところにストレスを感じたんでしょうが、それでも殺人起きる???

 

と、アメリカに帰ったことを実感した瞬間でした。

やはり旅行で疲れたからか、帰宅後生理がきたからか、ここ数年で一番ひどいニキビ顔になりました。ほんとにみるに堪えない感じに・・・。

十代の若者もびっくりのニキビ面でした。だんだん落ち着いてきたのでほっ。

 

いやー、次スペイン語圏に行く機会があれば、もう少し勉強しよ!もちろん現地でも少し身につきますが、さすがに10日くらいでは話せないに等しいですね。

それでも今回の旅で覚えたスペイン語

使用頻度高い順に並べると

グラシアス ありがとう

ムーチャス グラシアス 本当にありがとう

オラ こんにちは

クアント クエスタ いくらですか

チャオ またね

ブエノス ディアス おはよう

ブエナス ノチェス こんばんは

バーニョ トイレ

ムイ ビエン とてもいい

デ ナーダ どういたしまして

バハ 降りる

アエロプエルト 空港

ブス バス

アグア 水

 

あとは数字

1~15くらいまではうろ覚えwww

実際に言われたとか使った数字はなんか頭に残ります。

ウノ1、オチョ8、トレセ13が特に印象に残ってます。

 

これにて南米旅行記終了です!

また旅行記書きたいなー。

どこか行かなきゃ!

 

南米(ペルー、ボリビア)旅行 ウマンタイ湖編

この南米旅行記も残すところあと2日分!

しかも両方登山です。

 

前日申込したウマンタイ湖ツアー、ちゃんと時間通りに迎えにきてくれました。

申し込み内容はこちらの記事に

internationalmarriage.hatenadiary.com

 

いろいろブログを読んでると、「ピックアップにかなり時間がかかっていた」とか、「30分すぎてホテルから連絡してもらいようやく迎えがきた」とか「迎えが来なかった」(会社はいろいろ)などあり、少し心配してましたが、予定の朝4:30にガイドさんがホステルまできてくれました。他のメンバーのピックアップもすぐに終わり、順調にツアースタート。やはりオフシーズンだったのが大きいのかも。

私達のグループは11人。

 

日の出前のアルマス広場もきれいです。

f:id:internationalmarriage:20191120124030j:plain
f:id:internationalmarriage:20191120124251j:plain

 

まずはバスで朝食開場まで向かいます。

朝食はパン、スクランブルエッグ、飲み物(コーヒー、お茶、パパイヤジュース)。ここで少しみんなと話しました。コロンビアから来てる人多かった。私以外全員スペイン語。が、なんと同じテキサス州から来ている20代の男性が!でもこの人スペイン語話したかったのか、あたしに興味がなかったのか、少しだけ英語で話して、あとはみんなとスペイン語で会話(多分スペイン語勉強中っぽかった)。ちょっと英語できる人とか何人かいたし、英語できなくてもみんな親切で旅は楽しかったです。また辛い登山を一緒にするということでなんか仲間意識も生まれた感じ。ガイドさんは英語話せました。

朝食後登山開始地点にバスで向かいます。

クスコからずっと道はがたがた、くねくね。車酔いする人は速攻酔うでしょう・・。私はもともと乗り物酔いしない体質なので結構寝れました。

 

さて、登山スタートです。ここから1時間半~2時間かけて湖を目指します。

f:id:internationalmarriage:20191120125616j:plain
f:id:internationalmarriage:20191120125628j:plain
スタート! ガイドさんとバス

f:id:internationalmarriage:20191120125652j:plain

宿泊もできるみたい
f:id:internationalmarriage:20191120125702j:plain
f:id:internationalmarriage:20191120125727j:plain
馬にも乗れます

有料で馬にも乗れます(途中まで)。気づけば一番前を歩いていたTexan(テキサス人)が乗ってる!!!私のグループでは彼だけ。弱いTexan・・・。

 

f:id:internationalmarriage:20191120125714j:plain

振り返っても絶景

やはり標高が高いだけあってみんな息切らしながら登っていました。

そしてついに・・・・。

f:id:internationalmarriage:20191120131438j:plain

 

f:id:internationalmarriage:20191120140559j:plain

 

f:id:internationalmarriage:20191120131449j:plain

 

f:id:internationalmarriage:20191120132207j:plain

 

f:id:internationalmarriage:20191120131501j:plain

 

f:id:internationalmarriage:20191120131513j:plain

 

f:id:internationalmarriage:20191120131525j:plain

 

いや、これはほんとに絶景でした・・・。

氷河といい、湖の色といい、これはやはり今まで経験したことのない標高(今までの最高は富士山)だから見れる景色なのでしょう。

ウマンタイ湖の標高は4200mです。

ほんと実物みてほしいです。というか、今までの旅はどこもそうなんですけど。

1時間半くらい滞在して下山開始。

下山時はもう下りだから足がすたすた降りていきます。

下山時の景色も絶景でしたよ。

f:id:internationalmarriage:20191120132618j:plain
f:id:internationalmarriage:20191120132630j:plain

 

f:id:internationalmarriage:20191120132642j:plain
f:id:internationalmarriage:20191120132655j:plain

 

f:id:internationalmarriage:20191120132709j:plain

 

f:id:internationalmarriage:20191120132721j:plain

 

f:id:internationalmarriage:20191120132733j:plain

ふと見るとハート柄のお馬さん!!!かわいい!!!

 

f:id:internationalmarriage:20191120132745j:plain

現地の女の子も超かわいい!!最高の笑顔。

 

下山後は朝食開場まで戻り昼食。これがまたおいしかった!

f:id:internationalmarriage:20191120132757j:plain

ビュッフェスタイルです。

昼食後はみんな疲れて寝てました。気づけばアルマス広場。

ここで解散。帰りはみんなでスペイン流のお別れ。頬すりすり

いやあ、これで$21は安すぎ。大満足の登山ツアーでした。

 

そして夕食はもちろんメルカド。

今回はBisteck Montadoなるものに挑戦してみました。なんかビーフステーキみたいなもんかなと想像して・・・。

f:id:internationalmarriage:20191120133747j:plain
f:id:internationalmarriage:20191120133759j:plain

あたり!これでまた$2くらい。肉少し硬いけど、でもおいしい。

 

このあとメルカドでお茶もしました。

f:id:internationalmarriage:20191120133823j:plain
f:id:internationalmarriage:20191120133811j:plain

コーヒーとマーブルケーキで$1.30!

そしてここ、英語の話せる初老のご婦人がいて(お店の人、左の写真の人とは別)、私の注文もとってくださいました。やっぱり言葉が通じるって楽ですねーーー。

しかしクスコはホントいいと思います。

おしゃれな街におしゃれなカフェやレストラン。そしてメルカドのような激安ローカルショップ。治安もいいし、いろんなツアーもクスコから出てるし、長居してもいいなーと思える街でした。

 

次回はレインボーマウンテン編です!

 

南米(ペルー、ボリビア)旅行 クスコ編

ウユニからクスコへ飛行機で戻ります。

f:id:internationalmarriage:20191118114432j:plain

ウユニは空港も飛行機も小さい

この日はクスコ観光と翌日のウマンタイ湖ツアー申込。

日曜だったからか、何かのお祝いがあったのか、何か?やってました。

f:id:internationalmarriage:20191118114443j:plain
f:id:internationalmarriage:20191118114709j:plain
f:id:internationalmarriage:20191118114733j:plain
教会のセレモニーかな?

旅の間中ずっとですが、ほんとに犬が多い!!!聞けば飼い犬も野良犬も結構自由に歩き回れるみたい・・・。

f:id:internationalmarriage:20191118114507j:plain
f:id:internationalmarriage:20191118114532j:plain
f:id:internationalmarriage:20191118114633j:plain
わんこ天国。猫はほとんど見なかった。

クスコの町は見所が固まってるので見て回るのが楽です。

f:id:internationalmarriage:20191118114455j:plain
f:id:internationalmarriage:20191118114622j:plain
f:id:internationalmarriage:20191118114609j:plain
アルマス広場

f:id:internationalmarriage:20191118114745j:plain

 

 

f:id:internationalmarriage:20191118114645j:plain
f:id:internationalmarriage:20191118114657j:plain
f:id:internationalmarriage:20191118114722j:plain
太陽神殿方面

 

ウマンタイ湖ツアーはアルマス広場付近の会社に申込。

ツアー会社ほんとたくさんあります。内容ほぼ同じ。価格はもともと安いですが、会社によって(最安値のとこは無理と思いますが、あと繁忙期とか)交渉の余地あり。

基本内容:送迎、朝食、昼食、ガイド

私のツアーはこれに水、杖、毛布(バス用)が込み。

入山料が10ソレスかかるんですが、ツアー会社によって込みだったり別途だったり。私のツアーは別途。

申し込み時にも水くれた。翌日早朝4:30に迎えが来るとのこと。

最初75か80で言われたんですが、「友達は60ソレスだった」と言うとすんなり60に。

なのでツアー60ソレス+入山料10ソレスの計70ソレスで$21くらい。安い!

( $1=3.3ソレスで計算)

 

チョコとコーヒーの博物館(小さい)へ

f:id:internationalmarriage:20191118122658j:plain
f:id:internationalmarriage:20191118122710j:plain
f:id:internationalmarriage:20191118122722j:plain
カカオについて説明してくれました。

右の写真の生を試食。種は渋いので噛まないでとのこと。白い身はちょっと甘い感じ。

 

f:id:internationalmarriage:20191118122735j:plain

工程によって分けられ、ココアパウダーやバター、チョコレートになるらしい。

 

f:id:internationalmarriage:20191118122758j:plain
f:id:internationalmarriage:20191118122811j:plain
f:id:internationalmarriage:20191118122824j:plain
チョコ、チョコジャム、カカオ茶

現地の物価に比べるとかなりいいお値段でした。やはり観光客用なんでしょうね。

写真の板チョコ一枚$6ちょっと!

 

続いてコーヒーのほうへ

f:id:internationalmarriage:20191118122840j:plain
f:id:internationalmarriage:20191118122853j:plain

パネルなどでコーヒーの歴史などについて壁に説明してありました。

カフェスペースもあるのでここで休憩。

おしゃれ!

f:id:internationalmarriage:20191118122907j:plain
f:id:internationalmarriage:20191118122919j:plain

ゆっくりできるし、Wi-Fiも使えます。コーヒー(豆や粉)も買えます。

 

再び街を散策

f:id:internationalmarriage:20191118124641j:plain
f:id:internationalmarriage:20191118124652j:plain
可愛いドアノックするやつ

f:id:internationalmarriage:20191118124718j:plain

有名な12角の石

 

f:id:internationalmarriage:20191118114545j:plain
f:id:internationalmarriage:20191118114556j:plain
f:id:internationalmarriage:20191118124628j:plain

 

f:id:internationalmarriage:20191118124705j:plain
f:id:internationalmarriage:20191118124932j:plain

クスコはほんとに素敵な街です。なんかおしゃれ。

 

次の日の登山にそなえ、この日は早めに就寝です。

 

次回はウマンタイ湖編

 

南米(ペルー、ボリビア)旅行 ウユニ編 後編

前編はこちら

internationalmarriage.hatenadiary.com

 

ウユニ2日目

まず朝からシャワーがほんとにでるのか不安でしたがお湯でました。

朝食は7時から9時と聞いていたので、8時に向かいました。

コーヒー、お茶、シリアル、ヨーグルトのみ・・・・。

え??と思い、ご主人がいたのでまたgoogle翻訳トークwww

私「パンとか玉子とか牛乳はないんですか?」

ご主人「今妻がパンを買いにいっているので少し待って。」

10分くらいすると奥さんが帰ってきました。

パン、バター、ジャムがでてきた!

続いてスクランブルエッグも持ってきてくれた!!

牛乳は本当はないけど、サービスでだしてくれた!!!

 

そう、この家族はいい人達なんです。ただ、最初のホテルのサービスが平均以下なため、優しさも相殺され、結局満足度は当初の期待より下でした。まあ、もし次ウユニに来ることがあればこのホテルはやめときます・・・。立地は言う事なしなんですけどね。

 

朝食を済ませ、道路挟んですぐの「穂高」へツアーの申し込みに。

「ブリサ」が微妙だったので、今回は「穂高」へ。

Sunset & Starlight tourの申し込み。ここで以前書いたボリビアとチリの治安について聞きました。それまで何も知らなかったので、本当にびっくりしたのと、何もなくてよかったと安堵。対応してくれた女性の方はとてもいい方でした。

 

申し込みの後はウユニの町を散策。

この日は祝日だったらしく、地元レストランやお店はほとんど閉店。ブログで見たローカルレストランも閉まっていて、結局メルカドへwww メルカドも数店しか営業してなかったです。しかも100%地元客!!もちろんスペイン語のみ!メニューもまったくわからず!

最後の手段。近くのおじさんが食べてるものを指さしてこれくださいアピール。何か言われてもぜんぜん意味がわからず。そしてブログに出てた似たような料理の写真を見せる。どうにか注文できた。ふーーーーーっ。

f:id:internationalmarriage:20191116074612j:plain
f:id:internationalmarriage:20191116074637j:plain
f:id:internationalmarriage:20191116074624j:plain
f:id:internationalmarriage:20191116074558j:plain

出てきたのは牛肉のステーキのよう・・・。まあまあでした。$2!

ちなみにこの旅行では一回も食あたりになりませんでした。というか一度も体調崩さず!ほんとによかった!!!

 

ウユニの町はこんな感じです

f:id:internationalmarriage:20191116075535j:plain
f:id:internationalmarriage:20191116075546j:plain
f:id:internationalmarriage:20191116075558j:plain
f:id:internationalmarriage:20191116075607j:plain
f:id:internationalmarriage:20191116075618j:plain
わんこもきもちよさそう

その後は16時から穂高のツアーです。

今回のメンバー

中国の年配女性2人組 英語少し

日本人の女の子! 英語可

韓国の男の子 英語可

私 英語可

ガイドさん 英語可 の計6名

日本の女の子Yちゃんは世界一周の途中でした。すごい!!ペルーレイルの男の子に続き、またいろんな話を聞けて楽しかったです!

韓国の男の子とも少し話しましたが、就職前に南米旅行に来たらしいです。

穂高のガイドさん、写真撮影の指示や技術もかなりで、頼もしかったです。

ただあいにく、鏡張りや満点の星空にはなりませんでした。でも十分楽しめました。ってことは条件が整えばほんとにすごいんだろうなーとちょっとくやしい。

 

f:id:internationalmarriage:20191116081044j:plain
f:id:internationalmarriage:20191116081055j:plain
f:id:internationalmarriage:20191116081107j:plain
これ鏡張りだとめっちゃ映えるんですけどね

 

f:id:internationalmarriage:20191116081555j:plain

これ車のCMでありそう・・・

 

f:id:internationalmarriage:20191116081606j:plain
f:id:internationalmarriage:20191116081616j:plain
f:id:internationalmarriage:20191116081627j:plain
f:id:internationalmarriage:20191116081640j:plain
f:id:internationalmarriage:20191116081653j:plain

 

f:id:internationalmarriage:20191116082236j:plain
f:id:internationalmarriage:20191116082254j:plain

満点の星空ではなかったですが、それでもガイドさんが上手に写真撮ってくれました。

これスマホで撮ったものですよ!!

 

こうしてウユニの2日間を終えました。

 

次回はクスコ編です!

 

南米(ペルー、ボリビア)旅行 ウユニ編 前編

早朝ラパスから飛行機でウユニへ。

飛行機で50分くらい。

ウユニの空港は超小さいです。

Wi-Fi無料でずっと使えて結構速い。

空港からウユニの町までタクシーで10分。

まずはツアー会社に行きました。

ツアー会社は結構固まってあります。どこも英語通じます。

その中でも日本人に有名なのが「穂高」、韓国人に有名なのが「ブリサ」らしい。

日本人は雨季に集中するので、この時期そんなに出会いませんでした。

いろんなブログを見ていると、「ブリサのジョニーさんのツアーが最高!」といくつもでてきたので、まずブリサに顔をだしてみると、まさにジョニーさんが接客中!ジョニーさんに、「いろんなブログでジョニーさん有名でしたよ!ジョニーさんいるならここでツアー予約します!」と速攻その日のFull day tourを予約。

その後ホテルへチェックイン。ホテルはツアー会社の道路挟んですぐのところにしました。このホテル、基本家族で管理しているようです。英語は全く通じません。Wi-Fiは使えるので、お互いgoogle翻訳を使っての会話。特に問題がなければいいのですが、いろいろ問題があって、何度もgoogle翻訳で会話しました。

さて、時間まで部屋でゆっくりして、ツアー会社に移動。

 

Full day tourは10:30~20:00 ランチ、長靴付き 

列車の墓場→ウユニ塩湖土産屋→ランチ→水のない場所で写真撮影→インカワシ(サボテンの島)→水のある場所にて写真撮影、サンセット→ツアー会社で解散

ツアーメンバーですが、

チリ人の親子(母・娘)スペイン語のみ

ベネズエラの女の子 英語のみ

韓国人の一人旅の男子2名 英語のみ

私 英語のみ

そしてガイドさん・・・ジョニーさんじゃなかった!

受付したのはジョニーさんだったのに、ガイドは別の男の子。

でもガイドさん、いい人だったし、写真撮影もちゃんとしてくれたのでよしとします。

ガイドさんは基本スペイン語 英語可

ガイドさん入れて7名のグループです。

正直微妙なメンバーでした・・・。

ほんとウユニのツアーはメンバーとガイドによって良くも悪くもなります。こればっかりは運ですね。

 

まずは列車の墓場へ

f:id:internationalmarriage:20191115065350j:plain
f:id:internationalmarriage:20191115065401j:plain
f:id:internationalmarriage:20191115065412j:plain

 

 ウユニ編では私の写真もちょこちょこだしますwww

とにかく何もない場所に使われなくなった列車が置いてあるという・・・。

ウユニは日差しがきついのでサングラスは必須です!

 

その後お土産物屋へ移動。

ここで40分も時間取られてました。

ベネズエラの女の子、「ここでどうやってそんなに時間潰すの・・・。」と。

確かに。私も何も買う気もなくひたすら土産屋付近をぐるぐる回ってました。

f:id:internationalmarriage:20191115070055j:plain
f:id:internationalmarriage:20191115070106j:plain
f:id:internationalmarriage:20191115070119j:plain
買わなかったけど可愛い^^

 

その後昼食をとり、ここから写真タイム!

f:id:internationalmarriage:20191115070531j:plain
f:id:internationalmarriage:20191115070542j:plain
よくウユニのブログでみる場所

 

f:id:internationalmarriage:20191115071313j:plain

白い大地は塩です!!

遠近法を利用したトリック写真

f:id:internationalmarriage:20191115071325j:plain
f:id:internationalmarriage:20191115071336j:plain
f:id:internationalmarriage:20191115071347j:plain
f:id:internationalmarriage:20191115071358j:plain
f:id:internationalmarriage:20191115071422j:plain

f:id:internationalmarriage:20191115071410j:plain

実際にはこんな感じで撮影

f:id:internationalmarriage:20191115071433j:plain

ほんとに最高です!!

 トリック写真を撮るのは、日本人同士のほうが楽だと実感しました。

言葉の壁は大きい・・・。

 

その後インカワシへ

インカワシは中に入る為には入場料がかかります。ツアーでは、中に入っても入らなくてもよし。私は中に入りました。

f:id:internationalmarriage:20191115072416j:plain
f:id:internationalmarriage:20191115072440j:plain
f:id:internationalmarriage:20191115072503j:plain
サボテンがいっぱい
f:id:internationalmarriage:20191115072428j:plain
f:id:internationalmarriage:20191115072451j:plain

 

 

乾季のウユニ塩湖を満喫した後は、水を求めて移動。

日本人には雨季の鏡張りが人気で、欧米人にはこの乾季の真っ白な大地が人気らしい。

日中結構暑かったのに、日没間近になるとかなり冷えました。この日は風も強いし、水もそんなにないので撮影にはあまり適していなかったんですが、それでも夕日はとてもきれいでウユニの景色に感動!!

f:id:internationalmarriage:20191115073423j:plain
f:id:internationalmarriage:20191115073435j:plain
f:id:internationalmarriage:20191115073457j:plain

f:id:internationalmarriage:20191115073446j:plain

 

この日は深夜のStarlight & Sunrise tourに参加しようかとも思ったんですが、寒さと疲れからやめときました。

ホテルではシャワーが水しか出ない!!それでホテルの奥さんとgoogle翻訳でやり取り。結局朝6時まで待ったら出るようになると。寒いので小さい電気ヒーターを借りました。ほんとは有料レンタルだけど、シャワー使えないので無料にしてもらいました、google翻訳でお願いしてwww

 

ウユニには2日滞在したので、翌日にウユニの町散策とSunset & Starlight tourに参加。

その模様はウユニ後編にて!

 

南米(ペルー、ボリビア)旅行 ラパス編

マチュピチュを堪能した後はボリビアの事実上の首都ラパスへ(憲法上はスクレらしい)。

ラパスは世界一標高の高い首都。

いくつかのブログでは治安がよくないと書いてあったんですが、ケーブルカーに乗りたくて、ウユニに行く前に一泊しました。

ラパスは

中心街の標高は3600m強で、すり鉢状の地形を持つ。その高さから雲の上の町と呼ばれる。おおざっぱに言うと、すり鉢の底の部分に高所得者が、縁の部分に低所得者が住んでいる。 

ウィキペディアより

日本だと高層階には高所得者が住んでそうですけどね。

ラパスは標高高すぎて上に行くほど空気薄いし住みずらいので低所得者が住むようです。なので高地はスリや強盗に要注意!もしくは一人では行っては行けないといろいろなブログにありました。

 

さて、ここまで(ペルー)は(タクシー、バスを除いて)結構英語でどうにかなったんですがボリビアではほとんど英語が使えません。

私のスペイン語力はほぼゼロ。

事前に数字や簡単なフレーズ、地図などをスクリーンショットで保存しておいたので、それを見せながら地名を言いながら身振り手振りで説明。質問できても向こうが何を言ってるかわからない状態でしたが、なんとかなりました。ははは・・・。

 

まず空港からバスでホテルの近くへ。事前にブログで調べ、このバスがサンフランシスコ広場方面に行くというのはわかっていました。ただ特にバス停があるわけでもなく、ところどころで人を拾ってはおろしみたいなかんじ・・・。運転手さんの近くに移動しつつ、スマホの地図でホテルの付近を見せてここへ行きたいとどうにか伝える。

この旅でありがたかったのはオフラインでもgoogle mapが使えたこと。事前に地図をダウンロードしておけば、ネットがなくても利用でき、GPSで現在地がわかるみたいでほんとに助かりました。

サンフランシスコ広場の近くで降りるよう言われ、そこから歩いてホテルへ。ホテルまでも地図で位置が確認できたので迷うことなく到着!

ラパスのホテルはなんと!カプセルホテルを選びました。立地も良く、料金も安い。というか、日本以外にもカプセルホテルがあるというのに驚き!

ホテルに着いた時は英語の話せないスタッフでしたが、すぐ英語のできる人を呼んでくれました。

部屋は男女兼用12人のドミトリー。その中にそれぞれのカプセルがあります。このカプセルが意外と快適!

f:id:internationalmarriage:20191114070342j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114070354j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114070405j:plain
ベッドは快適!

トイレとシャワーは共用ですが、キレイで特に問題もなかったです。荷物を置く鍵付きロッカーもありました。みんな朝が早いようで結構早い時間からカプセルにこもり就寝モード。寝るときは上の人が動く時結構音がきこえたんですが、持参した耳栓をつけると気になりませんでした。

荷物を置き、身軽になったので観光へ!

  • サンフランシスコ広場
  • ムリリョ広場
  • The Witches' Market
  • ケーブルカー

まずはお腹がすいたので、メルカドを探してたどり着いたものの、青空市場で現地色が強すぎてちょっと無理だった・・・。サンフランシスコ広場のメルカドに行くべきだったのに間違えました。なのでブログで見つけた「The Writer's Coffee」へ。

ここ、イギリスのデイリーテレグラフ紙が選ぶ世界のベストコーヒー50に入ったカフェらしいです。

f:id:internationalmarriage:20191114073325j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114073337j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114073346j:plain
おしゃれでWi-Fiもサクサク!

 価格は現地価格ではなく、旅行者向けかな? ケーキとコーヒーで$10くらい。

英語の話せるスタッフもいました。

疲れた体に染み入りました。おいしかったです。

 

ここに行く途中、なんだか機動隊のような人達が道路を封鎖してて、私が旅行者でカフェに行きたいというのがわかると通してもらえました。

f:id:internationalmarriage:20191114073313j:plain

奥の道は封鎖されてる

あとから理由が分かったんですが、この時ボリビアは大統領選の不正疑惑でデモなどが行われていたようです。私の旅行日程は、治安が悪化する直前だったらしく、あとから聞いてほっとしました。ウユニでもボリビアとチリは治安が悪化しているから気を付けたほうがいいと言われました。

 

ムリリョ広場

ここには大量のハトが!!!!

f:id:internationalmarriage:20191114080115j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114080228j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114080216j:plain
襲われてる!!!

ハトにえさやってたんだと思うけどお姉さん達襲われてる!!

 

f:id:internationalmarriage:20191114080137j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114080151j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114080203j:plain

ハトは大量ですがきれいな広場です。

 

サンフランシスコ広場

f:id:internationalmarriage:20191114083901j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114083838j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114083804j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114083815j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114083850j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114083827j:plain
露店や大道芸などやってました

 

The Witches' Market

ここでは魔よけのようなものを売っていました。リャマやその胎児のミイラ。

f:id:internationalmarriage:20191114104125j:plain

家を新築する際に家内安全祈願で家の下に埋めるらしい。

このあたりでまたデモ見ました。

f:id:internationalmarriage:20191114104820j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114104808j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114104831j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114104757j:plain
厳戒態勢です

 

ケーブルカー

ラパスにはいくつもの路線があり、これらは市民の通勤、通学などに利用されています。日本だと観光のイメージですが、ラパスでは生活の足に使われています。

ホテルの近くにも駅があり、3つのラインを乗り換えながら景色を楽しみました。

料金もさすが市民の足なだけあって片道$0.50くらい!激安です。

ただ英語はまったく通じません。

路線図を指さしながら、身振り手振りで行先、路線、往復など説明。なんとか伝わりました。乗る時も行先を間違えないよう都度係の人に駅名を言って確認。

ほんと何とかなるもんですね。

f:id:internationalmarriage:20191114110629j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114110639j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114110651j:plain
標高4095mのエルアルト市

高低差があるので結構恐かったです・・。

f:id:internationalmarriage:20191114110714j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114110725j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114110733j:plain
絶景が広がります

この後一度ホテルに戻り、夜にもう一度最寄りの駅から乗りました。

f:id:internationalmarriage:20191114111736j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114111745j:plain

f:id:internationalmarriage:20191114111756j:plain

結構ケーブルカー速度あるので写真だと厳しいですが、ほんと絶景でした!!!

 

ラパスは治安悪いと思っていましたが、実際には市内や観光地は問題ありませんでした。もちろん油断は禁物ですが、それは日本やアメリカでも言えるレベルです。私は高地には行ってません。エルアルトも駅周辺から景色を眺めただけです。事前にネットで調べて多くのブログで危険と言われる場所(泥棒市やキリキリ)には行きませんでした。でもケーブルカーだけでも大満足!安いしwww

 

次の日は朝4時半にはホテルを出なければならず、ホテルの人に伝えると私の分だけ4時に簡単な朝食を用意してくれました。ホントありがたかったです。

 

次回はウユニ編です!

 

南米(ペルー、ボリビア)旅行 マチュピチュ後編

前編はこちら 

internationalmarriage.hatenadiary.com

 

マチュピチュ2日目。

この日はマチュピチュ、ワイナピチュの入場券を事前購入していました。

ワイナピチュは現在一日400人限定で2部制(各200人)になっています。

私が行ったオフシーズンでさえ、チケットは2か月前にはほぼ完売。ワイナピチュ登山したい方はチケット事前購入必須です。

私は1部のマチュピチュに6:00に入場でき、7:00~8:00の間にワイナピチュのコントロールゲートを通るチケットをとりました。

f:id:internationalmarriage:20191112115923j:plain

遺跡の後ろにある人の横顔のような山がワイナピチュです。

鼻のようなところに登ります。

 

前日ホテルのスタッフに朝5時にはホテルを出ると伝えていたので、フロントに朝食パックを作っておいてくれていました。こういう気配りはうれしいですね。

ハンバーガーのようなパンにハムとチーズを挟んであるのが2つ、バター、ジャム、お菓子、ジュース、バナナが入ってました。

 

バスの始発は5:30。5:00にバス乗り場に行くとすでにまあまあの列。その後もどんどん列は伸びていってました。しかしバスは何台もあり、途切れることなく乗れるので、列後方でもそんなに待つことはなさそうです。

6時前にはマチュピチュ入場口に着きしばし待機。6時きっかりに入場して遺跡の奥にあるワイナピチュのコントロールゲートを目指します。

f:id:internationalmarriage:20191113064827j:plain

早朝で霧が深くワイナピチュ見えません・・・

時間には厳しかったです。時間ぴったしに開門、入場も制限時間を少しでも過ぎると拒否されていました。どんなに遠くから来てても、チケット代高くても、そこは徹底してるみたいです。

ゲートを通る時に名前、国、入山時間、パスポート番号など記入します。私は5番目の入山でした。その前はコロンビアの家族。

f:id:internationalmarriage:20191113095145j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113095133j:plain
コントロールゲート

始めから結構な急斜面で、頂上手前はホントにきつかったです。

途中前を行っていたコロンビアの家族を追い越したんですが、娘ちゃん(多分11歳くらい?)途中で泣き出していました。結局お父さんと引き返したみたいです。

f:id:internationalmarriage:20191113094059j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113094110j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113094122j:plain
標高も高いし、息がかなりあがりました

f:id:internationalmarriage:20191113094158j:plain

もうひと踏ん張り!

そしてついに・・・

f:id:internationalmarriage:20191113094210j:plain

写真の彼がこの日1番の登頂者です!私は2番!!

f:id:internationalmarriage:20191113094245j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113094233j:plain

f:id:internationalmarriage:20191113094257j:plain

 遺跡の左にあるジグザグ道をバスが往来します。歩くときはジグザグではなく直線コースで1時間半くらいらしいです。でもマチュピチュでも結構歩くからその前にこれはちょっと・・・。

 

登頂時は最初だったのですれ違う人はいませんが、下山時は登ってくる人とすれ違いになります。道は急だし、狭いので結構離合大変でした。私は下山1番手だったので、登ってくる人に「あと5分くらい」「あと10分くらい」と伝えながら下りました。みんな結構顔が死にそうでしたが、あと5分くらいとわかると満面の笑みに・・・。

f:id:internationalmarriage:20191113095756j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113095742j:plain
帰りはこんな細い道も通りました

看板には往復約2時間とありましたが、私は行きが50分、帰りは30分くらいでゲートまで戻ったと思います。ゲートでまた朝記入したところに下山時間とサインをしたと思います。下山一番のりでノートに記入!

暑かったーー。早朝でも結構汗かきました。でも私は長そで長ズボンで通しました。マチュピチュ結構蚊なのかブトなのか虫がいます。短パンの外人さんとか足がとてつもないことになっていました。今思い出しても鳥肌がたつくらい。虫よけも使いましたが、効くかどうかわからなかったので念には念を入れて肌は露出しないほうがいいかと。日焼け対策にもなりますしね。

ゲートをくぐると、どうやら制限時間内に入場しなかった人達がどうにか登頂できないかとお願いしていましたが、断られていました。

 

ここからはさらに遺跡を散策。

 

f:id:internationalmarriage:20191113100629j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113100641j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113100653j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113100706j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113100718j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113100729j:plain

本当に古代の人はどうやってこんな高地にマチュピチュを作ったんですかね~。現代のような最先端の技術がなくても緻密に設計されています。太陽の登る位置や月の位置を正確に計算し、水路等も本当に正確に作られています。

マチュピチュは一生に一度は訪れてみたい場所で間違いありません!

 

この後マチュピチュ村に戻り、列車までの時間ゆっくりしました。

マチュピチュ村はほんとに小さな村なので、方向音痴の私でも迷う事はありませんでした。

f:id:internationalmarriage:20191113102357j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113102345j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113102333j:plain
日本の温泉街みたい。カエルのゴミ箱がかわいい。

犬をよくみかけましたが、毛のない犬!

f:id:internationalmarriage:20191113102411j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113102420j:plain
頭としっぽと足だけに毛が!

 さて、列車の時間です。

帰りはオリャンタイタンボまで2時間の旅。

幸運なことに最前列!しかも隣は日本人の男の子!!

景色もいいし、久しぶりに日本語で話せるし、とてもよかった!!!

彼は日本で仕事をしてお金がたまったら定期的に旅行へ行っているそうで、いろいろ話が聞けて、2時間あっという間でした。

f:id:internationalmarriage:20191113103424j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113103535j:plain
いい眺め!!
f:id:internationalmarriage:20191113103411j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113103449j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113103512j:plain

f:id:internationalmarriage:20191113103435j:plain

途中列車の中では列車のスタッフによるファッションショーなどもありました。アルパカの毛のガウンやセーターをスタッフが着て、実際購入もできるみたいです。この写真の人はなんだかよくわかりません・・・。ちょっとシシ神様みたい。

 

オリャンタイタンボからはコレクティーボという乗り合いバスでクスコまで2時間。

この日はクスコのホステルに滞在。

クスコの町はとてもきれいです。ヨーロッパみたい。この日は何かのパレードやってました。

f:id:internationalmarriage:20191113104539j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113104550j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113104602j:plain
夕暮れもきれいです
f:id:internationalmarriage:20191113104614j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113104626j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113104639j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113104650j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113104701j:plain
何かのパレード子供がかわいい

そして夕食はクスコのメルカドでまたロモサルタード。

マチュピチュのよりおいしかった。

f:id:internationalmarriage:20191113104712j:plain

これで$2!!

 

次回はラパス編です。

 

南米(ペルー、ボリビア)旅行 マチュピチュ前編

今回の全旅程

ダラス→メキシコ→リマ→クスコ

クスコ→アグアスカリエンテス(マチュピチュ村)→マチュピチュ

マチュピチュ村→オリャンタイタンボ→クスコ

クスコ→ラパス

ラパス→ウユニ

ウユニ→ラパス→クスコ

ウマンタイ湖ツアー

レインボーマウンテンツアー

クスコ→リマ→メキシコ→ダラス

 

 空路のダラスークスコ間は問題なし。

クスコ空港に到着後、すぐにペルーレイルのカウンターに向かい乗車券購入。

当初クスコからオリャンタイタンボまでバスで行き、そこからマチュピチュ村まで列車に乗る予定でした。しかし、カウンターでクスコから買っても当初の予定より安くなることが判明。空港からクスコのサンペドロ駅までタクシーで向かい、そこから列車で5時間の旅!!!長い!!!

隣の席はカナダから一人旅のおじさん。

おじさんと話しをしながらも、飛行機がリマ深夜着、早朝発だったためあまり寝れず、列車で何度も寝落ちしました。

列車からの景色はとてもよかったです。ちょっとしたお菓子と飲み物、パッションフルーツがでました。

ちなみに私が予約した列車の等級はビスタドームという中級クラスでした。

f:id:internationalmarriage:20191112114449j:plain
f:id:internationalmarriage:20191112114438j:plain
窓も大きく快適です

 

途中、テレビで見たことある「崖の上のホテル」を発見!

f:id:internationalmarriage:20191114005723j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114005736j:plain
命がけじゃないですか!

なんであんなところに!!!!!

しかも結構高いらしいです。1泊$500とか!?

私にその価値は見いだせない・・・。

 

そうこうしているうちにマチュピチュ村に到着。

ホテルの人が駅まで迎えにきてくれました。このスタッフ、日本びいきの男の子で、とにかく知っている単語を全部いってくる。

「トモダチー、コニチワー、オヤスミー、フクシマー。」

でも親切でいい子でした。

英語通じました。←重要

その日は14時のマチュピチュ入場券を買っていたので、まず村から遺跡までのバスの乗車券を購入。この日と次の日のバスの乗車券を購入しました。この時は全然混んでいませんでしたが、ハイシーズンは相当並ぶみたいです。私はバスでマチュピチュまで行きましたが、歩いていく強者もいるみたいです。

 

念願のマチュピチュ!!!

f:id:internationalmarriage:20191112115935j:plain
f:id:internationalmarriage:20191112115923j:plain
f:id:internationalmarriage:20191112115910j:plain

 

f:id:internationalmarriage:20191112115858j:plain
f:id:internationalmarriage:20191112115847j:plain
f:id:internationalmarriage:20191112115519j:plain

f:id:internationalmarriage:20191112115533j:plain

 圧巻です!!!実物はもっとすごいです。リャマもたくさんいました。

この日は太陽の門という写真と逆方向の場所の登山に向かいました。割と緩やかな登りで、次の日のワイナピチュと比べるとほんとに楽でした。でも往復2時間くらいかな?

天気も良く、ほどよく汗かきました。

 

この日はメルカドというローカルマーケットで食事。マチュピチュは観光地なので、観光客用のレストランはアメリカと変わらないくらい高いです。でもメルカドだと現地価格。ロモサルタードというペルー料理を頼んで$2くらい!味も日本人好みな感じでした。

f:id:internationalmarriage:20191112121019j:plain
f:id:internationalmarriage:20191112121032j:plain
ロモサルタードとインカコーラ

インカコーラはコーラの味ではないけど、まあまあおいしい。普通の甘い炭酸飲料。

この日は早めに就寝して次の日のワイナピチュ登山に備えました。

 

ここで標高について触れておきます。

この旅行ではずっと標高の高いところにいました。

高山病について書かれたブログも多く、私もかなり不安でした。

しかし、幸運なことに、一度も高山病の症状がでることはありませんでした。

いきなり標高上げ過ぎない旅程がよかったのかも。

高山病の薬もあるみたいですが、私は必要ありませんでした。

今までの人生で一番高い場所が富士山でしたが、今回はそれよりもさらに高地でした。

 

リマ     標高0m

クスコ    標高3400m 

マチュピチュ 標高2430m

ワイナピチュ 標高2720m

ラパス    標高3600m~4000m

ウユニ    標高3700m 富士くらい

ウマンタイ湖 標高4200m

レインボーマウンテン 標高5100m

 

 後編につづく・・・

南米(ペルー、ボリビア)旅行 準備編

10月下旬~11月初旬の南米一人旅。

季節は南半球のため日本と逆。私が行った時期は季節の変わり目、雨季と乾季の間。

出発前日まで天気予報を毎日見てましたが、雨の予報が多く、大丈夫かなーと心配でしたが、雨(雪)にあったのは最終日のみ!よかったーーー。

 

南米旅行で思ったのは、航空チケットが高い!!今回の一人旅もほぼ航空券に費用を費やしたといっても過言ではありません。

バスを利用すればかなり交通費安くなったと思いますが、私は陸路で国境を超えるのがなんだか怖くて、結局飛行機にしました。

旅行に行く前にありとあらゆるペルー、ボリビアについてのブログを読んだんですが、空路、陸路、どちらも長所短所があり、行く時期や予算によって決めるべきかと。

飛行機だと、遅延やキャンセルの恐れ。費用が高い。時間が短縮できて入国は楽。

バスだと、ほぼ予定通り。費用が安い。時間がかかるのとたまにおいていかれたり国境越えでトラブルあり。

私が行った時期は気候が安定していたので、飛行機で何のトラブルもありませんでした。

航空券が思った以上に高かったので、私は荷物を本当に最小限度に抑え(ミニマリストもびっくり!)小さいバックパック(飛行機の座席の下に入るサイズ)と貴重品用の斜め掛けできるバッグのみにし、追加料金等がかからないようにしました。これも丁度時期がよかったからできたのだと思います。雨季真っ只中(ウユニに行く日本人はだいたいこの時期)や冬だと衣類だけでもかさばって無理かと・・・。そして私は今回お土産を買う予定がほぼなかったので、そのスペースを心配する必要もありませんでした。荷物が小さい分、移動も楽で、盗難の心配なども少しで済みました。

 

持参物

着替え(2日分、着ていったものを合わせると3日分確保)現地では格安ランドリーサービスもあちこちで見ますし、自分でも洗えます。靴下は多めに持参しました。

ウォータープルーフのジャケットとパンツ、ダウンジャケット、帽子、ニット帽、スカーフ、手袋、ウォータープルーフの靴用カバー、サンダル、サングラス、日焼け止め、虫よけ、耳栓、カメラ

日用品(洗顔やシャンプー、コンタクト用品等)液体は機内持ち込みの場合制限があるので、小さい容器に詰替えている分だけ持っていきました。

自分で作った予定表、航空券や入場券を印刷したもの

 

航空会社によって荷物の重量制限が違うので、オーバーしそうなときは服を着て荷物を軽くしました。ただ思ったのは、重量チェックはそこまで厳しくないです。明らかに大きい荷物、重そうな荷物はチェックされてましたが、座席の下におけるくらいの大きさであれば聞かれることはないと思います。さらに預け入れ荷物がなければオンラインチェックインのみでいいので、カウンターにわざわざ行く必要もありません。カウンターの長蛇の列に並ばなくていいのでストレス減です!

 

購入した航空チケットは以下の通り

Kiwi.comにて

往復でDallasーMexicoーLimaーCusco

航空会社はAeroMexico, Latam, Viva air

Sky-toursにて

往復でCuscoーLa PazーUyuni

航空会社はAmazonas

ネットでReviewを調べると結構ひどいのがでてきてびびりましたが、幸運にも何のトラブルもなく済みました。

天候が悪い時期などは注意が必要と思われます。あとViva airはチケットを印刷して持参しないと追加料金を取られるので要注意。私はブログを読んで事前に知っていたんですが、発券が旅行中にされたので、滞在先のホテルで印刷してもらいました。

Cusco-La Pazでは、なぜか席が重複していて、「そこの空いてる席に座ってもらえる?」とまあ、簡単に解決はしたものの、私の他にも2、3人いましたwww

トラブルと言えばこれくらいで、ほんとに遅延もキャンセルもなくよかったです。

 

ホテル

Booking.comにて予約

オフシーズンの為、現地で直接飛び込みでも多分大丈夫だったと思いますが、私の性格上事前に予約しました。でもキャンセル料が当日までかからないものがほとんどです。

 

事前に購入したもの

マチュピチュ入場券(ワイナピチュ山が入場制限があり、2ヵ月くらい前には売切れになるので事前購入必須です)

ペルーレイルの乗車券→トラブルあり、結局現地で購入もその方がよかった

レインボーマウンテンのツアー

 

今回ネットで予約するに際して、エラーが出てうまくいかないことが多々ありました。

航空チケット、マチュピチュ入場券、ペルーレイル乗車券

Visa以外のマークもあるのにVisaしか使えなかったり、手持ちのカードでうまくいかないのでPaypalを使ったり。エラーが出て予約できなかったのにカードには請求がでていたり(Pending、保留で結局消えたり、払戻になったり)システムエラーなのか、何かウィルス対策のソフトのせいなのかわかりませんが、ちょっとストレスでした。

ペルーレイルに関してはエラー後メールでやりとりになり、予約もできると言われたんですが、なんせ返信が遅い。そして希望の席も売切れになってしまい、結局Cusco空港のカウンターにて購入。しかしそれがよかった!!なぜか売切れになったはずの席もまだあり、しかもネットよりも割引がさらにされて安かった。なぜ??? ペルーレイルはネットでチケットは買えるんですが、発券(この時席が決まる)は駅やカウンターでなければできません。私がカウンターに行ったのが早かったおかげか、帰りの席は一番前の席でした!眺め最高!!

 

レインボーマウンテンツアーですが、何もなければ現地でツアーはたくさんあります。今回私がなぜ事前にツアーを購入したかと言うと、日程上、最終日にしかツアーに参加できず、そうなると飛行機との兼ね合いがあります。現地ツアーに行った人のブログをみると、だいたい解散時間が18時くらい。それだとかなりきついです。で、見つけたツアーが料金は高いですが、解散が16時。それでこのツアー会社に決めました。料金が高いだけあって、一番に頂上についたり、少人数のグループだったりと利点はかなりありました。

 

準備編はこのくらいにして、次回はマチュピチュ編です!

 

南米旅行から帰りました

お久しぶりです。

先日無事南米旅行から帰宅しました。

とても充実したいい旅でした!

これから少しづつ記事にしたいと思います。

 

その前に帰宅後驚いた事。

田代まさしが覚醒剤の容疑で再逮捕。

正直悲しかったです。

また依存症回復の難しさを再認識しました。

 

旦那はというと、現在断薬31日目・・・。

 

8月末の記事でも断薬1か月と書きました。

internationalmarriage.hatenadiary.com

やはりすべて順調というわけではありません。

また私もどん底に落ちたりしました。

 

でも旅行に行って、気分転換にもなったし、旦那も今穏やかです。

もちろん些細な事ですぐ不安になります。

そんな時の田代まさしのニュース。

さらに不安になります。

 

でも私にできることはありません。

 

彼は自立した大人で、お金もあるし、運転もできるし、自分の意思で薬を手に入れることができるのです。

どんなに私が彼を思っても、愛していると言っても、私が彼を変えることはできないし、本当に彼次第。

 

ミーティングに行き、スポンサーや仲間と話し、カウンセリングに行き、うつの薬も忘れず飲む。そして薬で得るもの、引き換えに失うであろうものについて考え、最終的には彼自身がどうにかするしかない問題。

 

精神論ではどうにもならない事はわかっています。

ただ、上に書いたように、予防線を何重にも張り巡らすことはできます。

 

私がつらいのは、順調にいってると思ってて真実を知る瞬間。

幸せを感じた後の絶望感は何倍もつらく感じます。

薬を使う時は必ず嘘をつきます。

薬のせいで、約束や待ち合わせをすっぽかしたりします。

薬がそうさせているとわかってても受け入れるのは難しいです。

 

毎回これが最後であってほしいと思います。

今も思っています。そして毎回期待してしまいます。

「今回は大丈夫そう・・・・。」

 

不安はいつも付きまといます。

心臓がきゅっとなる瞬間が何度もあります。

結局薬をやめても心の底から安らげる時は彼と一緒にいる限りないのかもしれません。

 

ただ私は強制されて彼と夫婦でいるわけではないし、嫌なら彼から離れればいいわけで、そこは私が決断するところ。

現在別居も継続中で

「来年の8月までに最低でも6か月間断薬できない場合は離婚」

という条件も続いています。

 

今は自分の生活も守りつつ、夫婦間の信頼関係を修復しようとお互いに努力しています。

旦那はいつも

「薬にさえ手を出さなければ。」

「戻れるなら一番最初に戻って薬を使わないように自分に言い聞かせたい。」

と言っています。

 

みなさんも、まずそんな身近に機会がないとは思いますが、興味本位で手をだすのは絶対にやめましょう!とりかえしのつかないことになりますよ。

 

 

次回は旅行記事書きます!

 

人はここまで寛容になれるのか・・・

headlines.yahoo.co.jp

もう一年以上たつんですね。

最初にニュースを見たときは、絶対に何か隠された別の理由があると疑ってましたが、本当に単なる彼女の勘違いだったのかな・・・。

 

しかし、弟さん、本当にすごい。

自分に置き換えてみる。

我家でくつろいでいたら、自宅と勘違いした警官が突然入ってきて銃で撃たれた。

自分の身に起こっても許せないし、家族が射殺されたとしても、絶対許せないと思う。

関連記事のコメント欄に、弟さんは

あなたを許します。神様もあなたを許すと思います。家族の前では言えないが、あなたが刑務所へ行く事も望みません。あなたが人生をキリストに捧げる事が一番良いと思います。あなたを人として愛しています。そしてあなたに悪い事が起こる事は望みません。」とハグしたときに彼女に伝えたとありました。

 

私は宗教について普段あまり考えることはありません。

入れ込みすぎると危険な方向に向かうこともあるからです。

でも、人によっては宗教のおかげで精神的に強くなれたり、周りに対して寛容になれたり、とてもいい方向に向かうこともできます。

大事なのは、宗教そのものではなく、たとえそれが何であれ、信じる過程でどれだけいい方向に自分を持っていけるかということだと思います。

 

以前サウスパークという下品なアニメを観てたんですが(過激で大人向けです)、その中にモルモン教の家族の友達ができるというエピソードがありました。

最後に男の子が、

「俺はモルモン教はでたらめな宗教だと思っている、でもモルモン教によって家族は幸せで、自分も幸せを感じている。だから宗教が何であれ、誰に何を言われようがどうでもいい。自分は今幸せだ。」

みたいなことをいってました。(うろ覚えです。すいません)

 

要は自分次第、考え方次第なんですよね。

でも、私には無理だなー。この弟さんみたいに行動することはできないと思います。

 

でも、例えば、自分が交通事故を起こして誰かの命を奪ってしまい、その家族から許されていたとします。その後で自分の家族にこのような事件が起きたら・・・。

そしたら、自分の行いのせいで家族が犠牲になった(karma)と責めるかな。

 

でもこれが究極のPay Forward かな。

難しいですね。

プライバシーポリシー