国際結婚による様々な悩み(文化の違い)、問題(うつ病、薬物依存症)、良かった事

国際結婚による様々な悩み(文化の違い)、問題(うつ病、薬物依存症)、良かった事

国際結婚して4年、アメリカにて日本では経験してこなかった様々な問題、悩みに直面しています。ブログで共有することで、皆さんへの情報提供と自分の気持ちの整理、励ましになればと思ってます。

南米(ペルー、ボリビア)旅行 ウユニ編 後編

前編はこちら

internationalmarriage.hatenadiary.com

 

ウユニ2日目

まず朝からシャワーがほんとにでるのか不安でしたがお湯でました。

朝食は7時から9時と聞いていたので、8時に向かいました。

コーヒー、お茶、シリアル、ヨーグルトのみ・・・・。

え??と思い、ご主人がいたのでまたgoogle翻訳トークwww

私「パンとか玉子とか牛乳はないんですか?」

ご主人「今妻がパンを買いにいっているので少し待って。」

10分くらいすると奥さんが帰ってきました。

パン、バター、ジャムがでてきた!

続いてスクランブルエッグも持ってきてくれた!!

牛乳は本当はないけど、サービスでだしてくれた!!!

 

そう、この家族はいい人達なんです。ただ、最初のホテルのサービスが平均以下なため、優しさも相殺され、結局満足度は当初の期待より下でした。まあ、もし次ウユニに来ることがあればこのホテルはやめときます・・・。立地は言う事なしなんですけどね。

 

朝食を済ませ、道路挟んですぐの「穂高」へツアーの申し込みに。

「ブリサ」が微妙だったので、今回は「穂高」へ。

Sunset & Starlight tourの申し込み。ここで以前書いたボリビアとチリの治安について聞きました。それまで何も知らなかったので、本当にびっくりしたのと、何もなくてよかったと安堵。対応してくれた女性の方はとてもいい方でした。

 

申し込みの後はウユニの町を散策。

この日は祝日だったらしく、地元レストランやお店はほとんど閉店。ブログで見たローカルレストランも閉まっていて、結局メルカドへwww メルカドも数店しか営業してなかったです。しかも100%地元客!!もちろんスペイン語のみ!メニューもまったくわからず!

最後の手段。近くのおじさんが食べてるものを指さしてこれくださいアピール。何か言われてもぜんぜん意味がわからず。そしてブログに出てた似たような料理の写真を見せる。どうにか注文できた。ふーーーーーっ。

f:id:internationalmarriage:20191116074612j:plain
f:id:internationalmarriage:20191116074637j:plain
f:id:internationalmarriage:20191116074624j:plain
f:id:internationalmarriage:20191116074558j:plain

出てきたのは牛肉のステーキのよう・・・。まあまあでした。$2!

ちなみにこの旅行では一回も食あたりになりませんでした。というか一度も体調崩さず!ほんとによかった!!!

 

ウユニの町はこんな感じです

f:id:internationalmarriage:20191116075535j:plain
f:id:internationalmarriage:20191116075546j:plain
f:id:internationalmarriage:20191116075558j:plain
f:id:internationalmarriage:20191116075607j:plain
f:id:internationalmarriage:20191116075618j:plain
わんこもきもちよさそう

その後は16時から穂高のツアーです。

今回のメンバー

中国の年配女性2人組 英語少し

日本人の女の子! 英語可

韓国の男の子 英語可

私 英語可

ガイドさん 英語可 の計6名

日本の女の子Yちゃんは世界一周の途中でした。すごい!!ペルーレイルの男の子に続き、またいろんな話を聞けて楽しかったです!

韓国の男の子とも少し話しましたが、就職前に南米旅行に来たらしいです。

穂高のガイドさん、写真撮影の指示や技術もかなりで、頼もしかったです。

ただあいにく、鏡張りや満点の星空にはなりませんでした。でも十分楽しめました。ってことは条件が整えばほんとにすごいんだろうなーとちょっとくやしい。

 

f:id:internationalmarriage:20191116081044j:plain
f:id:internationalmarriage:20191116081055j:plain
f:id:internationalmarriage:20191116081107j:plain
これ鏡張りだとめっちゃ映えるんですけどね

 

f:id:internationalmarriage:20191116081555j:plain

これ車のCMでありそう・・・

 

f:id:internationalmarriage:20191116081606j:plain
f:id:internationalmarriage:20191116081616j:plain
f:id:internationalmarriage:20191116081627j:plain
f:id:internationalmarriage:20191116081640j:plain
f:id:internationalmarriage:20191116081653j:plain

 

f:id:internationalmarriage:20191116082236j:plain
f:id:internationalmarriage:20191116082254j:plain

満点の星空ではなかったですが、それでもガイドさんが上手に写真撮ってくれました。

これスマホで撮ったものですよ!!

 

こうしてウユニの2日間を終えました。

 

次回はクスコ編です!

 

南米(ペルー、ボリビア)旅行 ウユニ編 前編

早朝ラパスから飛行機でウユニへ。

飛行機で50分くらい。

ウユニの空港は超小さいです。

Wi-Fi無料でずっと使えて結構速い。

空港からウユニの町までタクシーで10分。

まずはツアー会社に行きました。

ツアー会社は結構固まってあります。どこも英語通じます。

その中でも日本人に有名なのが「穂高」、韓国人に有名なのが「ブリサ」らしい。

日本人は雨季に集中するので、この時期そんなに出会いませんでした。

いろんなブログを見ていると、「ブリサのジョニーさんのツアーが最高!」といくつもでてきたので、まずブリサに顔をだしてみると、まさにジョニーさんが接客中!ジョニーさんに、「いろんなブログでジョニーさん有名でしたよ!ジョニーさんいるならここでツアー予約します!」と速攻その日のFull day tourを予約。

その後ホテルへチェックイン。ホテルはツアー会社の道路挟んですぐのところにしました。このホテル、基本家族で管理しているようです。英語は全く通じません。Wi-Fiは使えるので、お互いgoogle翻訳を使っての会話。特に問題がなければいいのですが、いろいろ問題があって、何度もgoogle翻訳で会話しました。

さて、時間まで部屋でゆっくりして、ツアー会社に移動。

 

Full day tourは10:30~20:00 ランチ、長靴付き 

列車の墓場→ウユニ塩湖土産屋→ランチ→水のない場所で写真撮影→インカワシ(サボテンの島)→水のある場所にて写真撮影、サンセット→ツアー会社で解散

ツアーメンバーですが、

チリ人の親子(母・娘)スペイン語のみ

ベネズエラの女の子 英語のみ

韓国人の一人旅の男子2名 英語のみ

私 英語のみ

そしてガイドさん・・・ジョニーさんじゃなかった!

受付したのはジョニーさんだったのに、ガイドは別の男の子。

でもガイドさん、いい人だったし、写真撮影もちゃんとしてくれたのでよしとします。

ガイドさんは基本スペイン語 英語可

ガイドさん入れて7名のグループです。

正直微妙なメンバーでした・・・。

ほんとウユニのツアーはメンバーとガイドによって良くも悪くもなります。こればっかりは運ですね。

 

まずは列車の墓場へ

f:id:internationalmarriage:20191115065350j:plain
f:id:internationalmarriage:20191115065401j:plain
f:id:internationalmarriage:20191115065412j:plain

 

 ウユニ編では私の写真もちょこちょこだしますwww

とにかく何もない場所に使われなくなった列車が置いてあるという・・・。

ウユニは日差しがきついのでサングラスは必須です!

 

その後お土産物屋へ移動。

ここで40分も時間取られてました。

ベネズエラの女の子、「ここでどうやってそんなに時間潰すの・・・。」と。

確かに。私も何も買う気もなくひたすら土産屋付近をぐるぐる回ってました。

f:id:internationalmarriage:20191115070055j:plain
f:id:internationalmarriage:20191115070106j:plain
f:id:internationalmarriage:20191115070119j:plain
買わなかったけど可愛い^^

 

その後昼食をとり、ここから写真タイム!

f:id:internationalmarriage:20191115070531j:plain
f:id:internationalmarriage:20191115070542j:plain
よくウユニのブログでみる場所

 

f:id:internationalmarriage:20191115071313j:plain

白い大地は塩です!!

遠近法を利用したトリック写真

f:id:internationalmarriage:20191115071325j:plain
f:id:internationalmarriage:20191115071336j:plain
f:id:internationalmarriage:20191115071347j:plain
f:id:internationalmarriage:20191115071358j:plain
f:id:internationalmarriage:20191115071422j:plain

f:id:internationalmarriage:20191115071410j:plain

実際にはこんな感じで撮影

f:id:internationalmarriage:20191115071433j:plain

ほんとに最高です!!

 トリック写真を撮るのは、日本人同士のほうが楽だと実感しました。

言葉の壁は大きい・・・。

 

その後インカワシへ

インカワシは中に入る為には入場料がかかります。ツアーでは、中に入っても入らなくてもよし。私は中に入りました。

f:id:internationalmarriage:20191115072416j:plain
f:id:internationalmarriage:20191115072440j:plain
f:id:internationalmarriage:20191115072503j:plain
サボテンがいっぱい
f:id:internationalmarriage:20191115072428j:plain
f:id:internationalmarriage:20191115072451j:plain

 

 

乾季のウユニ塩湖を満喫した後は、水を求めて移動。

日本人には雨季の鏡張りが人気で、欧米人にはこの乾季の真っ白な大地が人気らしい。

日中結構暑かったのに、日没間近になるとかなり冷えました。この日は風も強いし、水もそんなにないので撮影にはあまり適していなかったんですが、それでも夕日はとてもきれいでウユニの景色に感動!!

f:id:internationalmarriage:20191115073423j:plain
f:id:internationalmarriage:20191115073435j:plain
f:id:internationalmarriage:20191115073457j:plain

f:id:internationalmarriage:20191115073446j:plain

 

この日は深夜のStarlight & Sunrise tourに参加しようかとも思ったんですが、寒さと疲れからやめときました。

ホテルではシャワーが水しか出ない!!それでホテルの奥さんとgoogle翻訳でやり取り。結局朝6時まで待ったら出るようになると。寒いので小さい電気ヒーターを借りました。ほんとは有料レンタルだけど、シャワー使えないので無料にしてもらいました、google翻訳でお願いしてwww

 

ウユニには2日滞在したので、翌日にウユニの町散策とSunset & Starlight tourに参加。

その模様はウユニ後編にて!

 

南米(ペルー、ボリビア)旅行 ラパス編

マチュピチュを堪能した後はボリビアの事実上の首都ラパスへ(憲法上はスクレらしい)。

ラパスは世界一標高の高い首都。

いくつかのブログでは治安がよくないと書いてあったんですが、ケーブルカーに乗りたくて、ウユニに行く前に一泊しました。

ラパスは

中心街の標高は3600m強で、すり鉢状の地形を持つ。その高さから雲の上の町と呼ばれる。おおざっぱに言うと、すり鉢の底の部分に高所得者が、縁の部分に低所得者が住んでいる。 

ウィキペディアより

日本だと高層階には高所得者が住んでそうですけどね。

ラパスは標高高すぎて上に行くほど空気薄いし住みずらいので低所得者が住むようです。なので高地はスリや強盗に要注意!もしくは一人では行っては行けないといろいろなブログにありました。

 

さて、ここまで(ペルー)は(タクシー、バスを除いて)結構英語でどうにかなったんですがボリビアではほとんど英語が使えません。

私のスペイン語力はほぼゼロ。

事前に数字や簡単なフレーズ、地図などをスクリーンショットで保存しておいたので、それを見せながら地名を言いながら身振り手振りで説明。質問できても向こうが何を言ってるかわからない状態でしたが、なんとかなりました。ははは・・・。

 

まず空港からバスでホテルの近くへ。事前にブログで調べ、このバスがサンフランシスコ広場方面に行くというのはわかっていました。ただ特にバス停があるわけでもなく、ところどころで人を拾ってはおろしみたいなかんじ・・・。運転手さんの近くに移動しつつ、スマホの地図でホテルの付近を見せてここへ行きたいとどうにか伝える。

この旅でありがたかったのはオフラインでもgoogle mapが使えたこと。事前に地図をダウンロードしておけば、ネットがなくても利用でき、GPSで現在地がわかるみたいでほんとに助かりました。

サンフランシスコ広場の近くで降りるよう言われ、そこから歩いてホテルへ。ホテルまでも地図で位置が確認できたので迷うことなく到着!

ラパスのホテルはなんと!カプセルホテルを選びました。立地も良く、料金も安い。というか、日本以外にもカプセルホテルがあるというのに驚き!

ホテルに着いた時は英語の話せないスタッフでしたが、すぐ英語のできる人を呼んでくれました。

部屋は男女兼用12人のドミトリー。その中にそれぞれのカプセルがあります。このカプセルが意外と快適!

f:id:internationalmarriage:20191114070342j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114070354j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114070405j:plain
ベッドは快適!

トイレとシャワーは共用ですが、キレイで特に問題もなかったです。荷物を置く鍵付きロッカーもありました。みんな朝が早いようで結構早い時間からカプセルにこもり就寝モード。寝るときは上の人が動く時結構音がきこえたんですが、持参した耳栓をつけると気になりませんでした。

荷物を置き、身軽になったので観光へ!

  • サンフランシスコ広場
  • ムリリョ広場
  • The Witches' Market
  • ケーブルカー

まずはお腹がすいたので、メルカドを探してたどり着いたものの、青空市場で現地色が強すぎてちょっと無理だった・・・。サンフランシスコ広場のメルカドに行くべきだったのに間違えました。なのでブログで見つけた「The Writer's Coffee」へ。

ここ、イギリスのデイリーテレグラフ紙が選ぶ世界のベストコーヒー50に入ったカフェらしいです。

f:id:internationalmarriage:20191114073325j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114073337j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114073346j:plain
おしゃれでWi-Fiもサクサク!

 価格は現地価格ではなく、旅行者向けかな? ケーキとコーヒーで$10くらい。

英語の話せるスタッフもいました。

疲れた体に染み入りました。おいしかったです。

 

ここに行く途中、なんだか機動隊のような人達が道路を封鎖してて、私が旅行者でカフェに行きたいというのがわかると通してもらえました。

f:id:internationalmarriage:20191114073313j:plain

奥の道は封鎖されてる

あとから理由が分かったんですが、この時ボリビアは大統領選の不正疑惑でデモなどが行われていたようです。私の旅行日程は、治安が悪化する直前だったらしく、あとから聞いてほっとしました。ウユニでもボリビアとチリは治安が悪化しているから気を付けたほうがいいと言われました。

 

ムリリョ広場

ここには大量のハトが!!!!

f:id:internationalmarriage:20191114080115j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114080228j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114080216j:plain
襲われてる!!!

ハトにえさやってたんだと思うけどお姉さん達襲われてる!!

 

f:id:internationalmarriage:20191114080137j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114080151j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114080203j:plain

ハトは大量ですがきれいな広場です。

 

サンフランシスコ広場

f:id:internationalmarriage:20191114083901j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114083838j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114083804j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114083815j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114083850j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114083827j:plain
露店や大道芸などやってました

 

The Witches' Market

ここでは魔よけのようなものを売っていました。リャマやその胎児のミイラ。

f:id:internationalmarriage:20191114104125j:plain

家を新築する際に家内安全祈願で家の下に埋めるらしい。

このあたりでまたデモ見ました。

f:id:internationalmarriage:20191114104820j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114104808j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114104831j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114104757j:plain
厳戒態勢です

 

ケーブルカー

ラパスにはいくつもの路線があり、これらは市民の通勤、通学などに利用されています。日本だと観光のイメージですが、ラパスでは生活の足に使われています。

ホテルの近くにも駅があり、3つのラインを乗り換えながら景色を楽しみました。

料金もさすが市民の足なだけあって片道$0.50くらい!激安です。

ただ英語はまったく通じません。

路線図を指さしながら、身振り手振りで行先、路線、往復など説明。なんとか伝わりました。乗る時も行先を間違えないよう都度係の人に駅名を言って確認。

ほんと何とかなるもんですね。

f:id:internationalmarriage:20191114110629j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114110639j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114110651j:plain
標高4095mのエルアルト市

高低差があるので結構恐かったです・・。

f:id:internationalmarriage:20191114110714j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114110725j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114110733j:plain
絶景が広がります

この後一度ホテルに戻り、夜にもう一度最寄りの駅から乗りました。

f:id:internationalmarriage:20191114111736j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114111745j:plain

f:id:internationalmarriage:20191114111756j:plain

結構ケーブルカー速度あるので写真だと厳しいですが、ほんと絶景でした!!!

 

ラパスは治安悪いと思っていましたが、実際には市内や観光地は問題ありませんでした。もちろん油断は禁物ですが、それは日本やアメリカでも言えるレベルです。私は高地には行ってません。エルアルトも駅周辺から景色を眺めただけです。事前にネットで調べて多くのブログで危険と言われる場所(泥棒市やキリキリ)には行きませんでした。でもケーブルカーだけでも大満足!安いしwww

 

次の日は朝4時半にはホテルを出なければならず、ホテルの人に伝えると私の分だけ4時に簡単な朝食を用意してくれました。ホントありがたかったです。

 

次回はウユニ編です!

 

南米(ペルー、ボリビア)旅行 マチュピチュ後編

前編はこちら 

internationalmarriage.hatenadiary.com

 

マチュピチュ2日目。

この日はマチュピチュ、ワイナピチュの入場券を事前購入していました。

ワイナピチュは現在一日400人限定で2部制(各200人)になっています。

私が行ったオフシーズンでさえ、チケットは2か月前にはほぼ完売。ワイナピチュ登山したい方はチケット事前購入必須です。

私は1部のマチュピチュに6:00に入場でき、7:00~8:00の間にワイナピチュのコントロールゲートを通るチケットをとりました。

f:id:internationalmarriage:20191112115923j:plain

遺跡の後ろにある人の横顔のような山がワイナピチュです。

鼻のようなところに登ります。

 

前日ホテルのスタッフに朝5時にはホテルを出ると伝えていたので、フロントに朝食パックを作っておいてくれていました。こういう気配りはうれしいですね。

ハンバーガーのようなパンにハムとチーズを挟んであるのが2つ、バター、ジャム、お菓子、ジュース、バナナが入ってました。

 

バスの始発は5:30。5:00にバス乗り場に行くとすでにまあまあの列。その後もどんどん列は伸びていってました。しかしバスは何台もあり、途切れることなく乗れるので、列後方でもそんなに待つことはなさそうです。

6時前にはマチュピチュ入場口に着きしばし待機。6時きっかりに入場して遺跡の奥にあるワイナピチュのコントロールゲートを目指します。

f:id:internationalmarriage:20191113064827j:plain

早朝で霧が深くワイナピチュ見えません・・・

時間には厳しかったです。時間ぴったしに開門、入場も制限時間を少しでも過ぎると拒否されていました。どんなに遠くから来てても、チケット代高くても、そこは徹底してるみたいです。

ゲートを通る時に名前、国、入山時間、パスポート番号など記入します。私は5番目の入山でした。その前はコロンビアの家族。

f:id:internationalmarriage:20191113095145j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113095133j:plain
コントロールゲート

始めから結構な急斜面で、頂上手前はホントにきつかったです。

途中前を行っていたコロンビアの家族を追い越したんですが、娘ちゃん(多分11歳くらい?)途中で泣き出していました。結局お父さんと引き返したみたいです。

f:id:internationalmarriage:20191113094059j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113094110j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113094122j:plain
標高も高いし、息がかなりあがりました

f:id:internationalmarriage:20191113094158j:plain

もうひと踏ん張り!

そしてついに・・・

f:id:internationalmarriage:20191113094210j:plain

写真の彼がこの日1番の登頂者です!私は2番!!

f:id:internationalmarriage:20191113094245j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113094233j:plain

f:id:internationalmarriage:20191113094257j:plain

 遺跡の左にあるジグザグ道をバスが往来します。歩くときはジグザグではなく直線コースで1時間半くらいらしいです。でもマチュピチュでも結構歩くからその前にこれはちょっと・・・。

 

登頂時は最初だったのですれ違う人はいませんが、下山時は登ってくる人とすれ違いになります。道は急だし、狭いので結構離合大変でした。私は下山1番手だったので、登ってくる人に「あと5分くらい」「あと10分くらい」と伝えながら下りました。みんな結構顔が死にそうでしたが、あと5分くらいとわかると満面の笑みに・・・。

f:id:internationalmarriage:20191113095756j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113095742j:plain
帰りはこんな細い道も通りました

看板には往復約2時間とありましたが、私は行きが50分、帰りは30分くらいでゲートまで戻ったと思います。ゲートでまた朝記入したところに下山時間とサインをしたと思います。下山一番のりでノートに記入!

暑かったーー。早朝でも結構汗かきました。でも私は長そで長ズボンで通しました。マチュピチュ結構蚊なのかブトなのか虫がいます。短パンの外人さんとか足がとてつもないことになっていました。今思い出しても鳥肌がたつくらい。虫よけも使いましたが、効くかどうかわからなかったので念には念を入れて肌は露出しないほうがいいかと。日焼け対策にもなりますしね。

ゲートをくぐると、どうやら制限時間内に入場しなかった人達がどうにか登頂できないかとお願いしていましたが、断られていました。

 

ここからはさらに遺跡を散策。

 

f:id:internationalmarriage:20191113100629j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113100641j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113100653j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113100706j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113100718j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113100729j:plain

本当に古代の人はどうやってこんな高地にマチュピチュを作ったんですかね~。現代のような最先端の技術がなくても緻密に設計されています。太陽の登る位置や月の位置を正確に計算し、水路等も本当に正確に作られています。

マチュピチュは一生に一度は訪れてみたい場所で間違いありません!

 

この後マチュピチュ村に戻り、列車までの時間ゆっくりしました。

マチュピチュ村はほんとに小さな村なので、方向音痴の私でも迷う事はありませんでした。

f:id:internationalmarriage:20191113102357j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113102345j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113102333j:plain
日本の温泉街みたい。カエルのゴミ箱がかわいい。

犬をよくみかけましたが、毛のない犬!

f:id:internationalmarriage:20191113102411j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113102420j:plain
頭としっぽと足だけに毛が!

 さて、列車の時間です。

帰りはオリャンタイタンボまで2時間の旅。

幸運なことに最前列!しかも隣は日本人の男の子!!

景色もいいし、久しぶりに日本語で話せるし、とてもよかった!!!

彼は日本で仕事をしてお金がたまったら定期的に旅行へ行っているそうで、いろいろ話が聞けて、2時間あっという間でした。

f:id:internationalmarriage:20191113103424j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113103535j:plain
いい眺め!!
f:id:internationalmarriage:20191113103411j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113103449j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113103512j:plain

f:id:internationalmarriage:20191113103435j:plain

途中列車の中では列車のスタッフによるファッションショーなどもありました。アルパカの毛のガウンやセーターをスタッフが着て、実際購入もできるみたいです。この写真の人はなんだかよくわかりません・・・。ちょっとシシ神様みたい。

 

オリャンタイタンボからはコレクティーボという乗り合いバスでクスコまで2時間。

この日はクスコのホステルに滞在。

クスコの町はとてもきれいです。ヨーロッパみたい。この日は何かのパレードやってました。

f:id:internationalmarriage:20191113104539j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113104550j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113104602j:plain
夕暮れもきれいです
f:id:internationalmarriage:20191113104614j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113104626j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113104639j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113104650j:plain
f:id:internationalmarriage:20191113104701j:plain
何かのパレード子供がかわいい

そして夕食はクスコのメルカドでまたロモサルタード。

マチュピチュのよりおいしかった。

f:id:internationalmarriage:20191113104712j:plain

これで$2!!

 

次回はラパス編です。

 

南米(ペルー、ボリビア)旅行 マチュピチュ前編

今回の全旅程

ダラス→メキシコ→リマ→クスコ

クスコ→アグアスカリエンテス(マチュピチュ村)→マチュピチュ

マチュピチュ村→オリャンタイタンボ→クスコ

クスコ→ラパス

ラパス→ウユニ

ウユニ→ラパス→クスコ

ウマンタイ湖ツアー

レインボーマウンテンツアー

クスコ→リマ→メキシコ→ダラス

 

 空路のダラスークスコ間は問題なし。

クスコ空港に到着後、すぐにペルーレイルのカウンターに向かい乗車券購入。

当初クスコからオリャンタイタンボまでバスで行き、そこからマチュピチュ村まで列車に乗る予定でした。しかし、カウンターでクスコから買っても当初の予定より安くなることが判明。空港からクスコのサンペドロ駅までタクシーで向かい、そこから列車で5時間の旅!!!長い!!!

隣の席はカナダから一人旅のおじさん。

おじさんと話しをしながらも、飛行機がリマ深夜着、早朝発だったためあまり寝れず、列車で何度も寝落ちしました。

列車からの景色はとてもよかったです。ちょっとしたお菓子と飲み物、パッションフルーツがでました。

ちなみに私が予約した列車の等級はビスタドームという中級クラスでした。

f:id:internationalmarriage:20191112114449j:plain
f:id:internationalmarriage:20191112114438j:plain
窓も大きく快適です

 

途中、テレビで見たことある「崖の上のホテル」を発見!

f:id:internationalmarriage:20191114005723j:plain
f:id:internationalmarriage:20191114005736j:plain
命がけじゃないですか!

なんであんなところに!!!!!

しかも結構高いらしいです。1泊$500とか!?

私にその価値は見いだせない・・・。

 

そうこうしているうちにマチュピチュ村に到着。

ホテルの人が駅まで迎えにきてくれました。このスタッフ、日本びいきの男の子で、とにかく知っている単語を全部いってくる。

「トモダチー、コニチワー、オヤスミー、フクシマー。」

でも親切でいい子でした。

英語通じました。←重要

その日は14時のマチュピチュ入場券を買っていたので、まず村から遺跡までのバスの乗車券を購入。この日と次の日のバスの乗車券を購入しました。この時は全然混んでいませんでしたが、ハイシーズンは相当並ぶみたいです。私はバスでマチュピチュまで行きましたが、歩いていく強者もいるみたいです。

 

念願のマチュピチュ!!!

f:id:internationalmarriage:20191112115935j:plain
f:id:internationalmarriage:20191112115923j:plain
f:id:internationalmarriage:20191112115910j:plain

 

f:id:internationalmarriage:20191112115858j:plain
f:id:internationalmarriage:20191112115847j:plain
f:id:internationalmarriage:20191112115519j:plain

f:id:internationalmarriage:20191112115533j:plain

 圧巻です!!!実物はもっとすごいです。リャマもたくさんいました。

この日は太陽の門という写真と逆方向の場所の登山に向かいました。割と緩やかな登りで、次の日のワイナピチュと比べるとほんとに楽でした。でも往復2時間くらいかな?

天気も良く、ほどよく汗かきました。

 

この日はメルカドというローカルマーケットで食事。マチュピチュは観光地なので、観光客用のレストランはアメリカと変わらないくらい高いです。でもメルカドだと現地価格。ロモサルタードというペルー料理を頼んで$2くらい!味も日本人好みな感じでした。

f:id:internationalmarriage:20191112121019j:plain
f:id:internationalmarriage:20191112121032j:plain
ロモサルタードとインカコーラ

インカコーラはコーラの味ではないけど、まあまあおいしい。普通の甘い炭酸飲料。

この日は早めに就寝して次の日のワイナピチュ登山に備えました。

 

ここで標高について触れておきます。

この旅行ではずっと標高の高いところにいました。

高山病について書かれたブログも多く、私もかなり不安でした。

しかし、幸運なことに、一度も高山病の症状がでることはありませんでした。

いきなり標高上げ過ぎない旅程がよかったのかも。

高山病の薬もあるみたいですが、私は必要ありませんでした。

今までの人生で一番高い場所が富士山でしたが、今回はそれよりもさらに高地でした。

 

リマ     標高0m

クスコ    標高3400m 

マチュピチュ 標高2430m

ワイナピチュ 標高2720m

ラパス    標高3600m~4000m

ウユニ    標高3700m 富士くらい

ウマンタイ湖 標高4200m

レインボーマウンテン 標高5100m

 

 後編につづく・・・

南米(ペルー、ボリビア)旅行 準備編

10月下旬~11月初旬の南米一人旅。

季節は南半球のため日本と逆。私が行った時期は季節の変わり目、雨季と乾季の間くらいでした。

出発前日まで天気予報を毎日見てましたが、雨の予報が多く、大丈夫かなーと心配でしたが、雨(雪)にあったのは最終日のみ!よかったーーー。

 

南米旅行で思ったのは、航空チケットが高い!!今回の一人旅もほぼ航空券に費用を費やしたといっても過言ではありません。

バスを利用すればかなり交通費安くなったと思いますが、私は陸路で国境を超えるのがなんだか怖くて、結局飛行機にしました。

旅行に行く前にありとあらゆるペルー、ボリビアについてのブログを読んだんですが、空路、陸路、どちらも長所短所があり、行く時期や予算によって決めるべきかと。

飛行機だと、遅延やキャンセルの恐れ。費用が高い。時間が短縮できて入国は楽。

バスだと、ほぼ予定通り。費用が安い。時間がかかるのとたまにおいていかれたり国境越えでトラブルあり。

私が行った時期は気候が安定していたので、飛行機で何のトラブルもありませんでした。

航空券が思った以上に高かったので、私は荷物を本当に最小限度に抑え(ミニマリストもびっくり!)小さいバックパック(飛行機の座席の下に入るサイズ)と貴重品用の斜め掛けできるバッグのみにし、追加料金等がかからないようにしました。これも丁度時期がよかったからできたのだと思います。雨季真っ只中(ウユニに行く日本人はだいたいこの時期)や冬だと衣類だけでもかさばって無理かと・・・。そして私は今回お土産を買う予定がほぼなかったので、そのスペースを心配する必要もありませんでした。荷物が小さい分、移動も楽で、盗難の心配なども少しで済みました。

 

持参物

着替え(2日分、着ていったものを合わせると3日分確保)現地では格安ランドリーサービスもあちこちで見ますし、自分でも洗えます。靴下は多めに持参しました。

ウォータープルーフのジャケットとパンツ、ダウンジャケット、帽子、ニット帽、スカーフ、手袋、ウォータープルーフの靴用カバー、サンダル、サングラス、日焼け止め、虫よけ、耳栓、カメラ

日用品(洗顔やシャンプー、コンタクト用品等)液体は機内持ち込みの場合制限があるので、小さい容器に詰替えている分だけ持っていきました。

自分で作った予定表、航空券や入場券を印刷したもの

 

航空会社によって荷物の重量制限が違うので、オーバーしそうなときは服を着て荷物を軽くしました。ただ思ったのは、重量チェックはそこまで厳しくないです。明らかに大きい荷物、重そうな荷物はチェックされてましたが、座席の下におけるくらいの大きさであれば聞かれることはないと思います。さらに預け入れ荷物がなければオンラインチェックインのみでいいので、カウンターにわざわざ行く必要もありません。カウンターの長蛇の列に並ばなくていいのでストレス減です!

 

購入した航空チケットは以下の通り

Kiwi.comにて

往復でDallasーMexicoーLimaーCusco

航空会社はAeroMexico, Latam, Viva air

Sky-toursにて

往復でCuscoーLa PazーUyuni

航空会社はAmazonas

ネットでReviewを調べると結構ひどいのがでてきてびびりましたが、幸運にも何のトラブルもなく済みました。

天候が悪い時期などは注意が必要と思われます。あとViva airはチケットを印刷して持参しないと追加料金を取られるので要注意。私はブログを読んで事前に知っていたんですが、発券が旅行中にされたので、滞在先のホテルで印刷してもらいました。

Cusco-La Pazでは、なぜか席が重複していて、「そこの空いてる席に座ってもらえる?」とまあ、簡単に解決はしたものの、私の他にも2、3人いましたwww

トラブルと言えばこれくらいで、ほんとに遅延もキャンセルもなくよかったです。

 

ホテル

Booking.comにて予約

オフシーズンの為、現地で直接飛び込みでも多分大丈夫だったと思いますが、私の性格上事前に予約しました。でもキャンセル料が当日までかからないものがほとんどです。

 

事前に購入したもの

マチュピチュ入場券(ワイナピチュ山が入場制限があり、2ヵ月くらい前には売切れになるので事前購入必須です)

ペルーレイルの乗車券→トラブルあり、結局現地で購入もその方がよかった

レインボーマウンテンのツアー

 

今回ネットで予約するに際して、エラーが出てうまくいかないことが多々ありました。

航空チケット、マチュピチュ入場券、ペルーレイル乗車券

Visa以外のマークもあるのにVisaしか使えなかったり、手持ちのカードでうまくいかないのでPaypalを使ったり。エラーが出て予約できなかったのにカードには請求がでていたり(Pending、保留で結局消えたり、払戻になったり)システムエラーなのか、何かウィルス対策のソフトのせいなのかわかりませんが、ちょっとストレスでした。

ペルーレイルに関してはエラー後メールでやりとりになり、予約もできると言われたんですが、なんせ返信が遅い。そして希望の席も売切れになってしまい、結局Cusco空港のカウンターにて購入。しかしそれがよかった!!なぜか売切れになったはずの席もまだあり、しかもネットよりも割引がさらにされて安かった。なぜ??? ペルーレイルはネットでチケットは買えるんですが、発券(この時席が決まる)は駅やカウンターでなければできません。私がカウンターに行ったのが早かったおかげか、帰りの席は一番前の席でした!眺め最高!!

 

レインボーマウンテンツアーですが、何もなければ現地でツアーはたくさんあります。今回私がなぜ事前にツアーを購入したかと言うと、日程上、最終日にしかツアーに参加できず、そうなると飛行機との兼ね合いがあります。現地ツアーに行った人のブログをみると、だいたい解散時間が18時くらい。それだとかなりきついです。で、見つけたツアーが料金は高いですが、解散が16時。それでこのツアー会社に決めました。料金が高いだけあって、一番に頂上についたり、少人数のグループだったりと利点はかなりありました。

 

準備編はこのくらいにして、次回はマチュピチュ編です!

 

南米旅行から帰りました

お久しぶりです。

先日無事南米旅行から帰宅しました。

とても充実したいい旅でした!

これから少しづつ記事にしたいと思います。

 

その前に帰宅後驚いた事。

田代まさしが覚醒剤の容疑で再逮捕。

正直悲しかったです。

また依存症回復の難しさを再認識しました。

 

旦那はというと、現在断薬31日目・・・。

 

8月末の記事でも断薬1か月と書きました。

internationalmarriage.hatenadiary.com

やはりすべて順調というわけではありません。

また私もどん底に落ちたりしました。

 

でも旅行に行って、気分転換にもなったし、旦那も今穏やかです。

もちろん些細な事ですぐ不安になります。

そんな時の田代まさしのニュース。

さらに不安になります。

 

でも私にできることはありません。

 

彼は自立した大人で、お金もあるし、運転もできるし、自分の意思で薬を手に入れることができるのです。

どんなに私が彼を思っても、愛していると言っても、私が彼を変えることはできないし、本当に彼次第。

 

ミーティングに行き、スポンサーや仲間と話し、カウンセリングに行き、うつの薬も忘れず飲む。そして薬で得るもの、引き換えに失うであろうものについて考え、最終的には彼自身がどうにかするしかない問題。

 

精神論ではどうにもならない事はわかっています。

ただ、上に書いたように、予防線を何重にも張り巡らすことはできます。

 

私がつらいのは、順調にいってると思ってて真実を知る瞬間。

幸せを感じた後の絶望感は何倍もつらく感じます。

薬を使う時は必ず嘘をつきます。

薬のせいで、約束や待ち合わせをすっぽかしたりします。

薬がそうさせているとわかってても受け入れるのは難しいです。

 

毎回これが最後であってほしいと思います。

今も思っています。そして毎回期待してしまいます。

「今回は大丈夫そう・・・・。」

 

不安はいつも付きまといます。

心臓がきゅっとなる瞬間が何度もあります。

結局薬をやめても心の底から安らげる時は彼と一緒にいる限りないのかもしれません。

 

ただ私は強制されて彼と夫婦でいるわけではないし、嫌なら彼から離れればいいわけで、そこは私が決断するところ。

現在別居も継続中で

「来年の8月までに最低でも6か月間断薬できない場合は離婚」

という条件も続いています。

 

今は自分の生活も守りつつ、夫婦間の信頼関係を修復しようとお互いに努力しています。

旦那はいつも

「薬にさえ手を出さなければ。」

「戻れるなら一番最初に戻って薬を使わないように自分に言い聞かせたい。」

と言っています。

 

みなさんも、まずそんな身近に機会がないとは思いますが、興味本位で手をだすのは絶対にやめましょう!とりかえしのつかないことになりますよ。

 

 

次回は旅行記事書きます!

 

人はここまで寛容になれるのか・・・

headlines.yahoo.co.jp

もう一年以上たつんですね。

最初にニュースを見たときは、絶対に何か隠された別の理由があると疑ってましたが、本当に単なる彼女の勘違いだったのかな・・・。

 

しかし、弟さん、本当にすごい。

自分に置き換えてみる。

我家でくつろいでいたら、自宅と勘違いした警官が突然入ってきて銃で撃たれた。

自分の身に起こっても許せないし、家族が射殺されたとしても、絶対許せないと思う。

関連記事のコメント欄に、弟さんは

あなたを許します。神様もあなたを許すと思います。家族の前では言えないが、あなたが刑務所へ行く事も望みません。あなたが人生をキリストに捧げる事が一番良いと思います。あなたを人として愛しています。そしてあなたに悪い事が起こる事は望みません。」とハグしたときに彼女に伝えたとありました。

 

私は宗教について普段あまり考えることはありません。

入れ込みすぎると危険な方向に向かうこともあるからです。

でも、人によっては宗教のおかげで精神的に強くなれたり、周りに対して寛容になれたり、とてもいい方向に向かうこともできます。

大事なのは、宗教そのものではなく、たとえそれが何であれ、信じる過程でどれだけいい方向に自分を持っていけるかということだと思います。

 

以前サウスパークという下品なアニメを観てたんですが(過激で大人向けです)、その中にモルモン教の家族の友達ができるというエピソードがありました。

最後に男の子が、

「俺はモルモン教はでたらめな宗教だと思っている、でもモルモン教によって家族は幸せで、自分も幸せを感じている。だから宗教が何であれ、誰に何を言われようがどうでもいい。自分は今幸せだ。」

みたいなことをいってました。(うろ覚えです。すいません)

 

要は自分次第、考え方次第なんですよね。

でも、私には無理だなー。この弟さんみたいに行動することはできないと思います。

 

でも、例えば、自分が交通事故を起こして誰かの命を奪ってしまい、その家族から許されていたとします。その後で自分の家族にこのような事件が起きたら・・・。

そしたら、自分の行いのせいで家族が犠牲になった(karma)と責めるかな。

 

でもこれが究極のPay Forward かな。

難しいですね。

戦慄を覚える・・・

我家にはアマゾンエコー、アレクサがいます。

Echo Plus (エコープラス) 第2世代 - スマートスピーカー with Alexa、チャコール

Echo Plus (エコープラス) 第2世代 - スマートスピーカー with Alexa、チャコール

 

 

機械にあまり強くない、そして興味もない私は全然有効活用できていません。

旦那が以前設定した、テレビの電源と電気のオンオフのみ使用。たまーに音楽を聴いたりするくらいです。

別居中の現在、本当に宝の持ち腐れ。

しかも英語の設定のため、文章を噛むとちゃんと認識しない・・・。

と、前置きをして、

 

みなさんこのニュース知ってますか?

www.businessinsider.jp

Wifiに不正アクセスされたみたいですが、怖すぎる・・・。

以前うちも誰かわからないユーザー名がWifi利用者に上がってきて、パスワードやらを変えたことがあります。

「なんか最近ネット遅くない?」みたいな話から旦那が設定を確認してわかったという・・・。

何の知識もない私には、とにかく恐怖でしかない。旦那がいないと何もわからないし。

 

そして、今朝の話。

私が朝食を食べていると、いきなりリビングのランプがついたり消えたりを3回くらい繰り返しました。アレクサには何も言ってないのに・・・。

まさかハッキング??

とここで旦那が携帯からもアレクサを操作できるのを思い出し、

「今アレクサ使った?」

とテキストすると

「Yah!」と。

あーびっくりした。と安心したのもつかの間、

「旦那って遠隔でなんでもできるのか。もしかして録音とかも?カメラはないはず・・もしかしてあるかも??

別居してるけど監視してたりして・・てかわっっ!!!!

ってなりました。

まあ、隠してることは何もないからいいんですが、わんこちゃんに話しかけたり、風呂あがり全裸で歩いたり、いつ家にいていつ外出してるかとかまでわかったり・・・。まあ旦那にそんな興味はないだろうけど、でも可能だと思うとなんか気持ち悪いですね。

 

無知は最大の罪と言いますが、でも今更ネットとかコンピューターとか難しすぎてわからないし、もう十分便利な世の中なのだから、これ以上いらないなーーー。

 

私の両親もコンピューターは全然わかりません。父はガラケー、母は私と連絡とるために私が格安スマホを手続き、設定して持たせてます。大体連絡はLINEでとってます。

しかし旦那の両親は現役!フェイスブックもインスタも使ってます。旦那の亡くなったおばあさんもフェイスブックやってました!!!アメリカすごいな!

もう当分旦那の子供達ともあってないけど、パソコンめちゃできるんだろうなー。

旦那の子供達は小さい頃からスマホや i Pod で遊んでたけど、私の妹の子供たちは、親の方針もあるんだろうけど基本外で遊ぶ。この時点ですでに大分違う。

話がそれましたが、便利な反面、怖い世の中です。

 

もうすぐ南米旅行ですが、ほんと気を付けよう・・・。

危険の内容がまた違いますが、南米だとクレジットカードと、とにかく治安の悪い場所に行かないことかな。

今のところ一人旅ではありますが、超有名な観光地のみ行くようにしてます。

また旅行関連の記事も書こうと思います。

f:id:internationalmarriage:20191003070010p:plain

わんこちゃんかわゆす

久しぶりの投稿。

今回はわんこちゃんのかわいさをみなさんと共有したいと思います。

f:id:internationalmarriage:20191003052657j:plain
f:id:internationalmarriage:20191003052643j:plain

大分お顔が白くなってきてますね・・・

 

 

f:id:internationalmarriage:20191003053248j:plain

ふと見ると同じポーズ

 

f:id:internationalmarriage:20191003052838j:plain
f:id:internationalmarriage:20191003052824j:plain

眠そう・・・・

 

 

f:id:internationalmarriage:20191003052739j:plainわんこって寝違えたりしないのかな

 

 

f:id:internationalmarriage:20191003052724j:plain
f:id:internationalmarriage:20191003052753j:plain

かわいく寝落ち・・・

 

 

f:id:internationalmarriage:20191003052808j:plain

か-ら-の 貞子!

 

 

f:id:internationalmarriage:20191003052907j:plain
f:id:internationalmarriage:20191003052854j:plain

久しぶりに旦那に抱かれてどや顔www

 

めちゃかわいい!

でも歯石が大分たまってきてお口が臭い・・

来月は年一回のデンタルクリーニングです。

 

グリーンカード10年更新無事完了

みなさま、ご無沙汰しております。

8月も今日で最後。

ということでブログ更新します。

 

10年更新のグリーンカードが届きました!

1年ちょっとかかりました。

I-751 Petition to Remove Conditions on Residenceの申請をしたのが2018年6月末 

internationalmarriage.hatenadiary.com

 待ちましたが問題なく更新できました。

ただ、3月にバイオメトリクスを省略する旨のレターを受け取ったのに、6月末にバイオメトリクスの予約レターが届き、結局行きました。

嬉しかったのが、その後面接日時のレターを待っていたんですが、なんと省略に!

そして無事手元に10年更新のグリーンガードが届きました。

時々Case StatusをUSCISのサイトでチェックしてましたが、バイオメトリクスに行った後にようやく更新!(それまで1年以上エラーしかでない)

やはりアメリカではあんまり考えすぎないほうがいいですね。

 

 

その後の旦那との状況ですが、

8月から1年間別居することにしました。

別居といっても私は家に住み、彼が家から車で10分の実家に住むというもの。

その間、彼には断薬を第一優先事項に頑張ってもらうことにしました。

現在断薬1か月(別居始めてから薬は使ってないとのこと)。仕事にも行っており、NAミーティングにもほぼ毎日行っているみたいです。新しいスポンサー(断薬するための相談役)も見つけたそう。今週の月曜に彼と会ったんですが、すごく状態は良さそうでした。なので二人ともとても穏やかに会話ができました。ただ、まだ1か月。なので別居はこのまま続けることに。そして必要がなければ特に連絡することも控えています。

 

私はバイトを増やし、少し忙しくしてます。

ジムにも行ってます。

そして別居中にやりたいことを計画中。

今決まってるのが、

  1. 11月に南米ペルー、ボリビア1人旅
  2. 12月にハーフマラソンに参加
  3. 来年3月日本に1ヵ月滞在し旅行へ行く

もともと一人旅好きで、最初の旦那と離婚後にいろいろ行ってました。なので、久しぶりに以前から行きたかった超有名な観光地、マチュピチュウユニ塩湖へ行きます。

マラソンは10Kしか走ったことないので挑戦!将来はフルマラソン目指します。

日本には一度帰りたいと思ってて、お得なチケット見つけたのでオリンピック前に帰ります。そして国内かアジア旅行したいな。

 

なかなか楽しい予定が入っています。

もし旅行に関して有益情報あれば、ぜひ共有していただけるとありがたいです!!

f:id:internationalmarriage:20190901034052j:plain
f:id:internationalmarriage:20190901034048j:plain

 

ジムのクラス

ご無沙汰です。

最近ジムではまっているクラスがあります。

 

その名も「RINGSIDE

ボクササイズのクラスです。

 

インストラクターめちゃかっこいい!!

女性です!!でもほんとかっこいい。

 

このクラスはシャドーボクシングと縄跳びや筋トレ、有酸素運動を取り入れたクラスです。なんかロッキーの練習シーンみたいな感じです。

 

先生がまた盛り上がる曲使うんですよねー。


Eminem - Kings Never Die (Lyric Video) ft. Gwen Stefani

エミネムの曲はFワード結構出てくるので、旦那も子供と一緒の時には聴かせません。

このクラスは大人だけのクラスだし、モチベーションアップのためいいのでしょう。

 


Coolio - Gangsters Paradise (Official Lyrics On Screen)

 

私は普段はラップミュージックは聴きません。旦那と車に乗った時に流れたら聴くぐらいかな。でもなぜかジムで運動中聴くとなんだか気分があがるんですよね。

ラップは速いし、スラングも入るので何言ってるのかさっぱりわかりませんが。

 

シャドーボクシングって、インストラクター見てるとほんとかっこいいんですが、自分でやるとなんか違うんですよね。どうやったらあんなかっこいい感じになるんだろ。

 

話は変わるんですが、

以前隣家のAC室外機がうるさいという記事書をきました。

internationalmarriage.hatenadiary.com

 つ、ついに買い替えたようです!!!

毎日自家発電機使っているかのような音してたんですが、

超ーーーーーう静かになりました。無音。ほんと静か。

幸せです。

 

治安

またアメリカで銃乱射事件おこりましたね。

www.bloomberg.co.jp

実際アメリカでは人種差別や銃の話題をよく耳にします。

 

では実際住んでみてどうかというと、今まで私の周りで日本人、アジア人、黒人に対する差別は見たことも感じたこともありません。

私はテキサス州に住んでいます。

アメリカは広いし、テキサス州だけでも日本より大きいです。

なので、やはり地域によるんだと思います。

治安も差別も場所によるんだと思います。

私の住んでる場所は治安もいいし、隣人に黒人、メキシコ人、アジア人もいます。

でも何も問題ありません。

あいさつも普通にするし、わだかまりもありません。

銃声を聞いたこともありません。

銃は普通に持っている人もいると思いますが、我が家にはありません。

ただ、いろんな人がいるし、銃は合法だし、どこで悲惨な事件が起こってもおかしくないという不安はあります。

日本も最近はそうなりつつありますね。

歯止めが利かない、脳の感情コントロールができない人が、世界的に増えているということなんでしょうか・・・。

それとも昔とかわらずで、インターネットのおかげで情報がすぐはいるようになっただけなのかな。

戦争のない世の中になればと世界中の人が願っているのに、戦争地域でもない普通の場所でもそういう行為が止まらないのも皮肉というか、悲しいです。

July 4thと決めたこと

f:id:internationalmarriage:20190706103446p:plain

10Kマラソン完走しました。

暑かったーーー。汗めっちゃでました。

タイムは56分。どうにか1時間きれました。

とにかくのどが渇いて、ゴール後すぐに無料のスポーツドリンクを一気飲み。

それがよくなかったのか、その後一日なんだかお腹がゆるかったです。

旦那は5Kを完走しました。

正直、旦那は途中倒れるか棄権するかになるのではと思っていました。というのも、前日も薬を使ったからです。

でもやり遂げました。旦那はまたマラソン始めようと思うといいました。

5年前くらいまではハーフマラソン走れるくらいだったんです。

また二人で走りたいです。

将来的には旅行もかねてゴールドコーストマラソンとか、ホノルルマラソンとか、一緒に行けるようになればなーと思ってます。

 

その後旦那は夜AAミーティングに参加すると言いました。

AAはアルコール依存症の会。なぜAAなのか理由を聞くと、もっと熱心になってくれるスポンサーを見つけるためだそう。

薬物依存より、アルコール依存の人の方が数が多いし、それだけスポンサーを選ぶ幅も広がると依存症専門のカウンセラーに勧められたそうです。アルコールと薬物両方の依存歴がある方が見つかるとベストですね。

私は旦那やる気になってると感心しました。

July4thに人集まるのか聞くとアルコール依存症の場合そういう大きいイベントの日が特に危ないから真剣な人は会に参加すると。

私は2人で近くのイベントか花火観に行ってもいいなと思ってましたが、旦那の前向き発言に快く賛同しました。

 

といっても夜はやはり暇で、旦那がミーティング終わったころに電話してみると、旦那の声と一緒にカタカタとキーボード叩く音。旦那は現在実家にいます。

「ミーティングどうだった?」

「・・・行かなかった。」

「・・・なんで?」

「時間忘れてた。」

「今何してるの?」

「ゲーム。」

がっかりしたと同時にムッとしました。

私は「あ、そう(Asshole) 。じゃあね。」

と会話を終了。

 

そこからちょっと負の感情が大きくなっていきました。

なんで薬やめないの?

なんでミーティング行かないの?

なんでゲームばっかりしてるの?

なんで気分のいい時だけ私と一緒にいるの?

なんであたしだけが頑張ってるの?

その後旦那にテキスト。

「なんか私ってあなたの愛人みたい。」

旦那はすぐに

「全然違うよ!今すぐ帰ろうか?」

私は

「結構です。」

最後に旦那から

「:(  」の顔文字。

本当にイライラして、これは早く寝るべきだと思い、また睡眠導入剤を服用して早めに寝ました。外からは花火の上がる音。

 

今日朝ブログを確認すると、読者の方がお薦めサイトをコメントに残してくれてました。

loveoveraddiction.com

読んでいるうちに、少しの間世話やくのやめてみようと思いました。

今私は毎日のように

「調子どう?Cravings(欲求)ない?(処方された)薬飲んだ?ミーティングの予定は?カウンセリングは?」

と、体調や予定を確認しています。

何も強制はしていません。ただ忘れるのを予防するためにと思ってやってました。

でもこれもよくないのかなと。

私は彼の母親でもないし、彼も煩わしいと思ってるかもしれません。

彼の責任能力をダメにしてしまってるし、何より私がイライラします。

前向きな彼にこっちも力が入りすぎたようです。もちろん気になるし、心配ですが、あえてもう何も言いません。

 

旦那の経過などブログに書いて発散や心の整理にもなってましたが、少しの間旦那の事は放っておこうと思います。

 

ただ思うのは、私達は夫婦なんですよね。

血のつながった家族ではありません。

もちろん世の中いろんな形の家族がいます。それでも家族はお互いが望めば、離れようが、違う道を行こうが、突き放そうが、何しようが、死ぬまで親子、兄弟の関係です。

でも夫婦は違います。

お互いが違う道を望めば、そこから先はもう交わることはありません。

 

こんなんで夫婦でいる意味あるのかな・・・と思うこともあります。

じゃあ、なんで一緒にいるのか。

私は彼が薬をやってない時を覚えてるから。

まだ希望は捨てておらず、薬をやめればまた結婚してよかったと思える日々が来ると思っているから。

断薬に失敗するたびに、その日が来るのが先か、あきらめる日が来るのが先かと考えてしまいます・・・。

でも今は目先を旦那から少し変えてみようと思います。

f:id:internationalmarriage:20190706103439j:plain

Start Over 2

7月2日、旦那は断薬6日目にしてRelapse。

また今日からやり直し。

旦那は今実家にいます。

明日はマラソンの日なので、早朝迎えにきてもらう予定。

旦那とはほとんど話してません。私が落着くまで話すのは待ってほしいと言いました。私も混乱していたし、感情に任せて話してもろくなことにならないから。

昨日は告白された後わんこちゃんと散歩に行き、公園をぐるぐると何週もしました。

きれいな景色をみて心もなごみました。

念のため睡眠導入剤を飲みよく眠れました。

落着いて思ったのは、もう私にできることはやってるんだからあとは彼次第

彼はいまでも前向きです。

どうにかしないといけないと思ってます。

旦那から

「もうクレジットカードもデビットカードも免許証もモカに預ける。」

と言われました。

でも私はそれが本当に必要かわかりません。

以前カード類預かったことあります。でも結局旦那はカードを勝手に持って出て使いました。免許については今回初めてですが、生活に支障がでます。

今私は境界線や共依存、変えられるもの変えられないものについて学んでいます。カード類を預かることは相手の境界線に踏み入ることだし、相手をコントロールしようとしていることと同じ。違うのは彼がそれを望んでいる事。

これについてはマラソンの後にもう一度旦那とスポンサーと話してみようと思います。

本当に彼も私も

Just For Today

One Day at a Time

とにかく一日一日、今日を意識して前に進むしかない。

f:id:internationalmarriage:20190704044136j:plain

池の周りを暗くなるまでぐるぐるしました。

明日はJuly 4th の独立記念日です。

普通の日でもアメリカ国旗は見るんですが、いつにもましていたるところで国旗や赤青白の装飾が施されています。

明日はマラソンの日。また報告しますね。

プライバシーポリシー